福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 5月の日本民話 > 馬坂(まさか)の行逢坂(ゆきあいざか)

5月15日の日本民話

馬坂(まさか)の行逢坂(ゆきあいざか)

馬坂(まさか)の行逢坂(ゆきあいざか)
長野県の民話長野県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : エクゼムプラーロ

 むかしむかし、上州(じょうしゅう→群馬県)と田口(たぐち→長野県佐久市の東)との境(さかい)がはっきりしていなかったころ、田口峠のあたりでは、境をめぐる村人の争いがたえませんでした。
 ある日のこと、田口の若者が山へたきぎを取りに出かけました。
 ところが気がつくと上州との境を越えてしまい、高崎側の農民に取り囲まれてしまいました。
「盗人だ。ひっとらえろ!」
 高崎の農民たちは若者を捕まえると、高崎の殿さまの前に突き出しました。
 若者は、まっ青になって、
「許してくれ。決して盗人でねえ。知らないうちに、入ってしまったんだ」
と、説明したのですが、だれも信じてくれません。
 ところが、この高崎の殿さまは心の広い人で、農民たちと若者の話をじっくり聞いた上で、こう言いました。
「若者よ、お前もうかつだったが、こちらも早合点したようだ。これは田口との境がはっきりしないためだ。これを機に境を決めよう」
 それから三日後、田口の殿さまと高崎の殿さまが、同じ時間に城を出て峠に向かい、出会ったところを境にしようと決めたのです。
 これには、田口の殿さまも賛成です。
 気の早い田口の殿さまは、さっそく準備を始めました。
 そしていよいよ、当日の朝。
 早くに目覚めた田口の殿さまは、時間が来ると家来を従えて馬に乗って峠へと急ぎました。
 一方、高崎の殿さまは、家来の者が急がすのもかまわず、まるで散歩のような気分で牛の背に乗って出かけたのです。
 馬と牛とでは、速さが違います。
 高崎の殿さまがやっと峠の坂道に差しかかったときには、すでに田口の殿さまの行列がやってきていました。
「ぬかった! まさか馬で来て、こんなとこで行き逢うとは」
 高崎の殿さまは、自分ののんきさを悔やみましたが、いまさら仕方ありません。
 こうして二人の殿さまが出会った場所は、高崎の殿さまの驚きの言葉からとって、『馬坂(まさか)の行逢坂(ゆきあいざか)』と名づけられたそうです。
 そしてそれ以来、境界争いはなくなったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ヨーグルトの日
きょうの誕生花
カーネーション(carnation)
きょうの誕生日・出来事
1982年 藤原竜也 (俳優)
恋の誕生日占い
女子力が高く、ファッションセンスが抜群
なぞなぞ小学校
ネズミがおみくじをすると、何吉?
あこがれの職業紹介
グリーンアテンダント
恋の魔法とおまじない 136
言い伝え、写真立てが自然に倒れる
  5月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
鉢かづき姫
きょうの世界昔話
竹になった娘
きょうの日本民話
馬坂(まさか)の行逢坂(ゆきあいざか)
きょうのイソップ童話
ライオンに恩返しをしたネズミ
きょうの江戸小話
しらみ
きょうの百物語
ギバ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識