福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 11月の世界昔話 >美しい顔

11月18日の世界の昔話

水にうつった美しい顔

美しい顔
ジャータカ物語 → ジャータカ物語について

 むかしむかし、インドのある国に、とても美しい娘がいました。
 父親はこの美しい娘をとても可愛がっていたのですが、ある日、娘が父親の大切な茶わんを割ってしまったので、父親は娘をきつくしかりつけました。
 すると娘は、しくしく泣きながら家を飛び出すと、
「こんな家、もう二度と帰らないわ!」
と、山へ行って、松の木に登りました。
 その松の木の下にはきれいにすんだ小さな湖があり、娘が上からのぞくと美しい娘がうつりました。
「あら、きれい」
 娘は泣くのをやめて、水にうつった自分の美しい顔をあきずに見つめていました。
 そこへ肩に水がめをかついだ一人の召使いが、水くみにやってきたのです。
 召使いは水をくもうとかがんだ時、水にうつっている美しい顔に気がつきました。
 召使いはその美しい顔を、自分の顔と勘違いしたのです。
「まあ、わたしの顔は、何てきれいなんでしょう」
 召使いは水をくむのも忘れて、水にうつった美しい顔をうっとりとながめながら考えました。
「わたしはこんなにきれいになったんですもの、もう召使いなんかやる事はないわ。水くみなんで、ごめんよ」
 召使いはそう言うと、持っていた水がめを地面にたたきつけて割ってしまいました。
 そしてすっかり得意になった召使いは、元気よく主人の家に帰りました。
「ご主人さま、ただいま」
「ああ、お帰り。・・・おや? 水くみはどうしたんだい?」
「ご主人さま。わたしはいつの間にか、ずいぶんと美しくなっていました。もう召使いなど、いたしませんわ。だから水くみも、いたしませんわ」
 それを聞いた主人は、不思議そうに召使いをながめました。
「美しい? お前、もしかして目が悪くなったのかい?」
「いいえ、目は悪くありませんわ。だって、わたしの美しい顔が水にうつっていたのが、よく見えましたもの」
「お前、お願いだからもう一度湖へ行って、水をくんできなさい。そしてもう一度、自分の顔を見てごらんなさい」
 主人はそう言って、嫌がる召使いに水がめを渡しました。
「もう! 今度だけですからね!」
 召使いは腹を立てながら、また山の湖へ行きました。
 鏡のような湖の水をのぞくと、やっぱり美しい顔がうつっていました。
「ほら、やっぱりわたしは、本当に美しくなったんだわ」
 召使いは安心すると、また水がめを地面に投げつけて割りました。
 するとこの様子を木の上からながめていた美しい娘は、おかしくなって思わず笑いました。
「ふふふっ」
 するとそれに合わせて、水にうつっている美しい顔も笑います。
「あら? わたしは笑っていないのに、どうして水にうつっているわたしが笑うの?」
 召使いは、はっとして松の木を見上げました。
 するとそこには水にうつっている顔と同じ美しい娘が、にこにこ笑っていたのです。
「もしかして、今までわたしの顔と思っていたのは?!」
 召使いは自分の勘違いにはずかしくなり、手ぬぐいで顔を隠すと一目散に逃げてしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
土木の日
きょうの誕生花
小楢(こなら)
きょうの誕生日・出来事
1994年 椎名ひかり(タレント)
恋の誕生日占い
あねご肌で、男の子から見てもかっこいい女の子
なぞなぞ小学校
右と左、おしゃべりなのはどっち?
あこがれの職業紹介
法律秘書
恋の魔法とおまじない 323
彼にファーストキッスをしてもらう
  11月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
夢買い長者
きょうの世界昔話
美しい顔
きょうの日本民話
ダルマの神さま
きょうのイソップ童話
アルキュオン
きょうの江戸小話
黒が危ない
きょうの百物語
叱られた幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識