福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 > 夢買い長者

11月18日の日本の昔話

夢買い長者

夢買い長者

 むかしむかし、年寄りのお百姓(ひゃくしょう)と若いお百姓が、一緒に畑仕事をしていました。
 お昼になってお弁当を食べると、年寄りのお百姓がごろりと横になりました。
「ああ、眠たくなった。おれはちょっと、昼寝をするよ」
 そしてぐーぐーといびきをかきはじめると、そこへ一匹のアブが飛んで来て、寝ているお百姓の鼻の穴にもぐりこみました。
「たっ、たいへんだ!」
 若いお百姓さんが心配しながら見ていると、アブは反対の鼻の穴から出て来て、遠くへ飛んで行きました。
「ああ、さされなくてよかったよ。だけど、おかしなアブだなあ」
 その時、年寄りのお百姓が目を覚ましました。
「なんだ、今のは夢だったのか」
 そう言って年寄りのお百姓は、若いお百姓に夢の話をしました。
「不思議な夢でな、アブが飛んで来て『ここをほれ』と言うからほってみると、小判の入ったきたないつぼが出てきたんだ」
 それを聞いて、若いお百姓はびっくりしました。
(もしかするとさっきのアブが、夢のお告げをしたのかも)
 若いお百姓は、年寄りのお百姓にたずねました。
「そっ、それで、つぼが出たのはどこだ? くわしく聞かせてくれ」
「確か、佐渡(さど)という島の古いお寺だったな。その庭には白いきれいな花がさいていて、つぼはその木の下なんだ」
「なるほど、佐渡のお寺の白い花のさく木の下か。・・・なあ、ぼくにその夢を、売ってくれないか?」
「夢を売る? お前、夢なんか買ってどうするんだい?」
「決まっているさ。そのお寺へ行って、白い花のさく木の下をほってみるんだよ。・・・で、いくらで売ってくれる?」
「あきれたやつだなあ。夢を本気にするなんて」
 年寄りのお百姓は、笑って相手にしませんでした。
 そこで若いお百姓は持っていたお金を渡すと、すぐに舟に乗って出かけました。

 海を渡って島につくと、古いお寺はすぐに見つかりました。
 庭へ入って行くとお坊さんがいたので、若いお百姓はお坊さんに頼みました。
和尚(おしょう)さんですか? どうぞわたしを、やとってください」
「ほう、これは元気そうな。ちょうど一人探していたところだ。さあ、お入りなさい」
 和尚さんはよろこんで、若いお百姓をやといました。
 その日から若いお百姓は、井戸(いど)に水をくんだり、ご飯をつくったりと、よく働きました。
 そして毎日庭へ出ては、白い花が咲かないかと待っていたのです。
 すると庭の木に、つぼみがふくらみました。
「これだな。今にきっと、白い花が咲くぞ」
 楽しみにしていましたが、咲いたのは赤い花でした。
 若いお百姓は、ガッカリです。
 それから一年たって、別の木に白い花がたくさん咲きました。
「これだ! この木の下だな」
 ほってみると夢の通り、きたないつぼが出てきました。
 若いお百姓がふるえながら、つぼをかたむけると、
 ジャラジャラジャラ。
と、小判がたくさん出てきたのです。
「ああ、やっぱり夢のお告げは、本当だった」
 夢を買った若いお百姓は、大金持ちになって村へ帰りました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
土木の日
きょうの誕生花
小楢(こなら)
きょうの誕生日・出来事
1994年 椎名ひかり(タレント)
恋の誕生日占い
あねご肌で、男の子から見てもかっこいい女の子
なぞなぞ小学校
右と左、おしゃべりなのはどっち?
あこがれの職業紹介
法律秘書
恋の魔法とおまじない 323
彼にファーストキッスをしてもらう
  11月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
夢買い長者
きょうの世界昔話
美しい顔
きょうの日本民話
ダルマの神さま
きょうのイソップ童話
アルキュオン
きょうの江戸小話
黒が危ない
きょうの百物語
叱られた幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識