福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話 > 3匹のヤギのガラガラドン

12月15日の世界の昔話

3匹のヤギのガラガラドン

3匹のヤギのガラガラドン
ノルウェーの昔話 → ノルウェーの国情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : おはなしや

 むかしむかし、あるところに、三匹のヤギがいました。
 一番小さいヤギは、ガラガラドンという名前でした。
 中くらいのヤギは、ガラガラドンという名前でした。
 とっても大きいヤギは、ガラガラドンという名前でした。
 三匹とも、ガラガラドンという名前だったのです。

 さてある日の事、三匹のガラガラドンは、山の向こうへ草を食べに行くことにしました。
 山の向こうの草はやわらかくておいしくて、食ベたらきっと元気で丈夫(じょうぶ)になれるでしょう。
 三匹のガラガラドンが歩いていくと、途中に深い谷があって橋がかかっていました。
「小さい橋だなあ。三匹いっしょには渡れないや」
 そこで最初に小さいヤギのガラガラドンが、コトコト、コトコト、橋を渡りました。
 橋のまん中まで来ると、深い谷底から、
「こらー! わしの橋をだまって通るのは、誰だー!」
と、いう声がして、恐ろしい魔物が出てきました。
「ぼくです。小さいヤギの、ガラガラドンです。山の向こうへ、草を食べにいくんです」
「小さいヤギの、ガラガラドンだと? だまってわしの橋を通ったからには、草なんか食ベに行かれないぞ。おれさまがお前を、食べるんだからな!」
「まっ、待ってください。ぼくはこんなに、小さいんです。後ろから、もっと大きいヤギが来ます。どうせ食べるんなら、大きいヤギの方がおいしいですよ」
 小さいヤギのガラガラドンは、小さい声で言いました。
「そうか、じゃあ、次に来るやつを待つとしよう。さっさと行っちまえ」

 やがて中くらいのヤギのガラガラドンが、ゴトゴト、ゴトゴト、橋を渡って来ます。
 橋のまん中まで来ると、
「こらー! だまってわしの橋を通るやつは、誰だー!」
と、魔物が出てきました。
「ぼくです。中くらいのヤギの、ガラガラドンです。山の向こうへ草を食べに行くんです」
「ざんねんだな、中くらいのヤギのガラガラドン。お前が草を食べる前に、わしがお前を食べるんだ」
 魔物は、大きな口をパクッと開けました。
「待ってください。ぼくのあとから、もっと大きいヤギがきます。どうせ食ベるんなら、大きい方がおいしいですよ」
 中くらいのヤギのガラガラドンが、中くらいの声で言いました。
「そうか、じゃあ、待ってるとしよう。さっさと、行っちまえ」

 やがて大きいヤギのガラガラドンが、ドシドシ、ドシドシ、橋を渡って来ました。
「こらー! だまってわしの橋を通るのは、誰だー!」
 魔物が、出てきました。
「ぼくだ。大きいヤギの、ガラガラドンだ」
「ようし、食ベてやるから覚悟しろ」
 魔物は大きな口を、パクッと開けました。
「ふん、食べられるもんか! ぼくは大きいヤギのガラガラドンで、立派なツノもはえてるし、強いツメも持ってるぞ。さあ来い!」
 大きいヤギのガラガラドンは、魔物に向かって突き進みました。
 ドシーン!
 キラキラ光る二本のツノが、魔物の目をさしました。
「ウギャーーーー!」
 どんなに強い魔物でも、目をつぶされてはかないません。
 大きいヤギのガラガラドンは、ゆうゆうと橋を渡りました。
 こうして山の向こうの草原に着いた三匹のガラガラドンは、おいしい草をたくさん食べる事が出来ました。

おしまい

前のページへ戻る


     12月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
観光バス記念日
きょうの誕生花
オキザリス(Oxalis)
きょうの誕生日・出来事
1964年 高橋克典 (歌手)
恋の誕生日占い
上品で可愛くて愛嬌たっぷりな女の子
なぞなぞ小学校
愛に必要な物は?
あこがれの職業紹介
刑務官・法務教官
恋の魔法とおまじない 350
兄弟が仲良くするおまじない
  12月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
うり子姫
きょうの世界昔話
3匹のヤギのガラガラドン
きょうの日本民話
ヤモリと釘
きょうのイソップ童話
ごま塩頭の男と女たち
きょうの江戸小話
ふぐ汁
きょうの百物語
山の中のネコの家
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識