福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 2月の百物語 >いろりの精

2月7日の百物語

いろりの精

いろりの精
岐阜県の民話岐阜県情報

 むかしむかし、山奥の一軒家に、お父さんとお母さんと女の子が住んでいました。

 ある雨の降る寒い日、一人で留守番をしていた女の子が、いろりの火にあたりながらおやつの木の実を食べていました。
 いつもはきちんと種を捨てるのですが、今日は誰もいないので、女の子はいろりの灰の中に『ぺっぺっぺ』と種をはき出しました。
 そのうちに女の子は眠たくなって、うとうとと、いねむりを始めました。

 それからしばらくすると、いろりの中で燃えている太い木の上に、まっ赤な着物を着た親指ほどの小人が次々と現れたのです。
 それに気づいた女の子は、びっくりしながら、じっといろりの中を見ていました。
 小人たちの先頭には毛のついたかさをかぶった男がいて、金の棒を振り回しています。
 そのうちに、いろりの灰がむくむく動いたかと思うと、今度は、とんがった帽子をかぶった侍が槍を持って出て来ました。
 続いて棒を持ったやっこさん(→江戸時代の武家の家来)たちが現れ、何かを言いながら今にも女の子に飛びかかろうとしています。
 そして最後には馬に乗った狩人姿の侍たちが出てきて、女の子に弓を構えました。
「きゃあ!」
 女の子は思わず、そばにあった火ばしをつかむと、木の上の小人たちを払い飛ばしました。
 そのとたん、小人たちがぱっと消えました。
「よかった」
 女の子が安心したのもつかの間、またもや灰がむくむくと動き出して、今度は黒くて大きな手がにゅうと現れて、女の子の手をぎゅーっとつかんだのです。
「きゃあーーー!」
 女の子は一声叫ぶと、そのまま気を失ってしまいました。

 やがて、仕事に出かけていたお父さんとお母さんが帰って来ました。
「大変だ。娘が倒れている!」
 お父さんとお母さんは女の子を抱き起こすと、必死に介抱(かいほう)しました。
 すぐに気がついた女の子は、これまでの不思議な出来事を二人に話しました。
 すると、それを聞いたお父さんは、
「それはきっと、いろりの精に違いない。お前がいろりの中に種なんか捨てたりしたから、いろりの精が怒ったんだよ」
と、言って、いろりの灰の中から木の実の種を全部取り出して、きれいに掃除をしました。
 それからというもの、いろりの精が出て来る事はありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     2月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
北方領土の日
きょうの誕生花
お多福南天(おたふくなんてん)
きょうの誕生日・出来事
1988年 加護亜依 (歌手)
恋の誕生日占い
何かを極めたいと、いつも思いながら行動
なぞなぞ小学校
昼間は出来るのに、朝や夜は出来ない事は?
あこがれの職業紹介
音楽教師
恋の魔法とおまじない 038
金運アップのおまじない
  2月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
徳政じゃ
きょうの世界昔話
雪の女王
きょうの日本民話
寝ているだけの仕事
きょうのイソップ童話
マムシとミズヘビ
きょうの江戸小話
かけ値
きょうの百物語
いろりの精
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識