福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 1月の日本昔話 > 若返りの水

1月28日の日本の昔話

若返りの水

若返りの水

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

♪音声配信(html5)
音声 ゲスト参加

 むかしむかし、山のふもとの小さな村に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 おじいさんの仕事は、炭焼きです。
 山の木を切って、炭を焼いて俵(たわら)に詰めて、近くの町ヘ売りに行くのです。
 でもおじいさんは、この頃年を取って仕事が辛くなりました。
「ああ、腰は曲がるし、目はしょぼしょぼするし。・・・嫌になってしもうたなあ」
 その日もおじいさんは炭俵をかついで、ヨタヨタと山を下り始めました。
 とても暑い日だったので、喉がカラカラに渇きます。
 ふと見ると、道ばたに突き出た岩から、きれいな水がチョロチョロと吹き出していました。
「こいつは、ありがたい」
 おじいさんは、その冷たい水を飲みました。
 とてもおいしい水です。
「ああ、うまかった。何だか腰がシャンと伸びた様だぞ」
 おじいさんは水のおかげで元気が出たのだと思い、深く考えもせずに山を下りて家へ帰ってきました。
「ばあさんや、帰ったよ」
「おや、早かったですね。おじいさん・・・!」
 おばあさんはビックリ。
 目をパチパチさせて、おじいさんを見上げました。
 いいえ、おじいさんではなく、そこにいたのはおばあさんがお嫁に来た頃の、あの頃の若いおじいさんでした。
「・・・わたしは、夢でも見ているんじゃあ、ないでしょうかね」
 おじいさんもおばあさんに言われて始めて、自分が若返っている事に気づきました。
「若返りの水というのがあると聞いていたが、それではあれがその水だったんだな」
 おじいさんは岩から吹き出していた、きれいな冷たい水の事をおばあさんに話して聞かせました。
「まあ、そんなけっこうな水があるんなら、わたしも行って頂いてきましょう」
 おばあさんはそう言って、次の日さっそく山へ出かけて行きました。

 おじいさんはおばあさんがさぞかし若くきれいになって、帰って来るだろうと楽しみにして待っていました。
 ところが昼になっても、夜になっても、おばあさんは帰ってきません。
 おじいさんは心配になって、村の人と山へ探しに行きました。
 でも、おばあさんはいません。
「いったい、どこへ行ってしまったんだろうなあ?」
「キツネに化かされて、山奥へ連れて行かれてしまったのとちがうか?」
 みんなが話し合っていると、
「オギャー、オギャー」
と、そばの草むらの中から、赤ん坊の泣き声が聞こえて来ました。
 おじいさんが近づいてみると、おばあさんの着物を着た赤ちゃんが、顔をまっ赤にして泣きじゃくっていました。
「・・・馬鹿だなあ、ばあさんの奴。飲み過ぎて赤ん坊になってしもうた」
 仕方がないので、おじいさんは赤ん坊を抱いて家へ帰りました。

おしまい

前のページへ戻る


     1月28日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
衣類乾燥機の日
きょうの誕生花
レプトスペルマム(Leptospermum scoparium)
きょうの誕生日・出来事
1981年 乙葉(タレント)
恋の誕生日占い
頭が良く、自分の信じる道を突き進む
なぞなぞ小学校
学校の中で、タイ(鯛) が行くところは?
あこがれの職業紹介
養護教諭・保健室の先生
恋の魔法とおまじない 028
人前での緊張を解くおまじない
  1月28日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
若返りの水
きょうの世界昔話
鍛冶屋の引越し
きょうの日本民話
節分の鬼の恩返し
きょうのイソップ童話
ライオンとキツネとシカ
きょうの江戸小話
泳ぎの名人
きょうの百物語
人食い和尚
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識