昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >二月

2月21日の日本の昔話
(2月21日的日本故事)
おじいさんはくさかった

おじいさんはくさかった
被臭到的老爺爺

日本語 ・日本語&中国語 ・日本語&客家語

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「ちょこもち」  ちょこもち

♪音声配信(html5)
音声 田布施座

♪音声配信(html5)
音声 もちづき

むかしむかし、ある村に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
到好久以前、有一個村、村裡面有老婆婆和老爺爺。

おじいさんはいつもの様に山へしばかりに出かけ、おばあさんもいつもの様に川へせんたくに出かけました。
男的就上山砍柴、女的就下河洗衣服。

すると川上から大きなイモが、ドンブラコ、ドンブラコと流れてきました。
「こりゃあ、うまそうなイモだこと」
這個時候河裡面就漂過來好大一條紅薯。
這是條好紅薯啊、一看就好好吃。


おばあさんは大喜びでイモを拾うとイモを家に持って帰り、そのイモを小さく切ってカマでむしあげました。
むしあがったイモはとてもホクホクしていて、とってもおいしそうです。
おばあさんはさっそく一つつまんで、口に入れてみました。
老婆子笑了個卵卯翻天把紅薯撈起來、回去就切碎開始吃
是切碎之後先幫紅薯放港鍋裡蒸、蒸熟的紅薯看起來好好吃。
老婆子就這就馬上抓一塊到手上、準備試哈味道。


「おやおや、何ておいしいんでしょう」
おばあさんはまた一つ、また一つと、イモをどんどん食べていきました。
するとそのうちに、お腹がはってきて、
「プーーー、プーーー」
と、おならが出るようになりました。
それが何ともくさいおならで、おばあさんは思わず鼻をつまみました。
老婆子覺得這紅薯是也還好吃
就又抓一坨、吃完一坨又是一坨。
這過一哈、肚子就開始脹氣了。
然後就開始狂窩(放)臭屁
那是一條好臭好臭的屁
老婆子跟到就把鼻子唔起來。


「こりゃ、イモを食べ過ぎたかな」
おばあさんはしょうじを開けて、おならのにおいを外へ出しました。
そのおならのにおいは風にのって、山の方へ流れて行きました。
「おや? なんだかくさいぞ」
山でしばかりをしていたおじいさんは、あわてて両手をふりました。
這紅薯吃的太多了。
老婆子把房門開起來、讓氣味跑出去。
屁就隨風飄到山裡面去了。
山裡面到砍柴的老爺子就聞到好臭的一條屁
跟到也幫自己鼻子捂起來。


「くさい、くさい」
あまりのくささに、しばかりどころではありません。
そこでおじいさんは山をおりて、ウシに食べさせる草をかって帰りました。
それを見たおばあさんが、おじいさんに言いました。
這是甚麼味道、怎麼得這麼臭?
這臭的了卵卯翻天根本就砍不了柴
老爺子就馬上下山割了點跟牛吃的草、就歸屋了。
老婆子看自己老伴回來了。


「おや? おじいさん、今日はしばかりじゃなかったのですか?」
すると、おじいさんは鼻をつまんで言いました。
「とんでもない。今日はくさかった」
就問他你今天不去砍柴了啊
老爺子捂到鼻子就港
今天山上好臭
根本砍不了柴

おしまい
结束

前のページへ戻る
(回到上一页)

     2月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
日刊新聞創刊の日
きょうの誕生花
彼岸桜(ひがんざくら)
きょうの誕生日・出来事
1964年 モモコ (漫才師)
恋の誕生日占い
親しみやすく、誰からも愛される
なぞなぞ小学校
スターはスターでも、人が怖がるスターは?
あこがれの職業紹介
薬剤師
恋の魔法とおまじない 052
願いをかなえるおまじない
  2月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おじいさんはくさかった
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 赤ちゃんの実
きょうの日本民話
上の字さま
きょうのイソップ童話
カラスと白鳥
きょうの江戸小話
ネズミおろし
きょうの百物語
お乳を飲ませに来た幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識