福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 >百七十歳の九尾キツネ

3月31日の日本の昔話

百七十歳の九尾キツネ

百七十歳の九尾キツネ
埼玉県の民話埼玉県情報

 むかしむかし、あるお寺の小僧さんにキツネが取りついて、突然こんな事を口走りました。
「我は、この寺の境内に住んでおるキツネじゃ。
 この間、旅に出てある村の庭先にいたニワトリを取って食ったところ、村人たちに追われてひどい目にあった。
 何とかここまで戻ってきたが、今年で百七十歳になるため、もう体が言う事をきかぬ。
 どうか我を神としてまつって、毎日供え物をしてくれぬか」
 その話を聞いて、和尚さんは怒り出しました。
「百何十年も前から、この寺の境内に住み着いていると言うが、わしは今までお前の事など聞いた事がない。
 大体、年老いて食べるのに困ったから、毎日食べ物を供えてくれとは、何たるものぐさじゃ。
 すぐに小僧の体から離れて、どこかへ立ち去れ!
 さもなくば、お前をたたき出してやるぞ!」
 和尚さんは鉄の棒を持ち出してきて、すごいけんまくです。
 ところがキツネの方は、落ちつきはらって言いました。
「うそではない。
 百年以上も前に、我を見たという話を聞いた者が必ずいるはずじゃ。
 証拠を見せてやるから、年寄りを集めてみよ」
 そこで和尚さんは庄屋をはじめ、村のお年寄りたちをお寺の境内に呼びました。
 そしてキツネの言う証拠を、見せてもらうことにしたのです。
「我を神としてあがめ、供え物をしてくれれば、これからのち、火災、干ばつ、病気などの心配はいらぬぞ。
 それでは、証拠を見せてやろう」
 キツネはそう言うと小僧さんの体から離れて、九本の尻尾のある正体を見せたのです。
 するとお年寄りの間から、驚きの声が上がりました。
「おおっ! これは九尾ギツネじゃ。子どもの頃に聞いた事がある」
 そのむかし、村にはこの九本の尻尾を持つ九尾ギツネが住んでいたのです。
 そこで和尚さんと庄屋さんたち相談をして、お寺の門前にある小山の南側に小さな祠をつくって、この九尾ギツネを神としてあがめる事にしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る

     3月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
エッフェル塔の日
きょうの誕生花
浜簪(はまかんざし)
きょうの誕生日・出来事
1970年 宮迫博之 (芸人)
恋の誕生日占い
責任感が強く、まじめで頼れる存在
なぞなぞ小学校
あきっぽい人が住んでいる都道府県は?
あこがれの職業紹介
アイスクリーム販売員
恋の魔法とおまじない 091
両思いになれる呪文(PANDA PANDA)
  3月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
百七十歳の九尾キツネ
きょうの世界昔話
シンデレラ
きょうの日本民話
おならで飛んだ石うす
きょうのイソップ童話
アリとキリギリス
きょうの江戸小話
ちょっとお借りします
きょうの百物語
鐘を鳴らした山鳥
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識