福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 5月の日本昔話 > 五分次郎

5月31日の日本の昔話

五分次郎

五分次郎
鳥取県の民話鳥取県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
赤鬼・青鬼の折り紙あかおに・あおおに 船の折り紙五分次郎

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、子どもがいない、おじいさんとおばあさんがいました。
 二人は毎日、
「小さくても構いませんから、子どもを授けてください」
と、観音さまにおまいりをしました。
 そんなある日、おばあさんの左手の親指が急にムクムクと大きくなり、それから七日七晩たつと、親指からポロリと小さな小さな男の子が生まれたのです。
 男の子の大きさは、一寸の半分の五分(→約1.5センチ)くらいでした。
 でも、おじいさんとおばあさんは大喜びです。
「観音さまが、願いをきいてくださったぞ!」
「五分しかないから、五分次郎と名付けましょう」
 この五分次郎は、小さくても元気いっぱいな男の子でした。

 ある日の事、五分次郎が笹の葉に乗って、ようじをさおにして川で遊んでいると、突然、海からやってきた大鯛にパクリと飲み込まれてしまいました。
「あれ? 魚に飲み込まれてしまったぞ。・・・まあ、いいか。そのうちどうにかなるだろう」
 五分次郎はのんきにも、大鯛のお腹の中で昼寝をはじめました。
 さてその大鯛は、やがて漁師の網にかかって魚屋の調理場に連れて行かれました。
 魚屋が大鯛のお腹を切ると、五分次郎は、
「今だ〜!」
と、元気よく飛び出しました。
 それから何日も旅をして、五分次郎は鬼ヶ島へ行きました。
 五分次郎が岩の上からながめていると、鬼たちが赤鬼と青鬼に分かれて、戦いの稽古(けいこ)をしています。
 五分次郎はおもしろがって
「赤勝った。こんどは青勝った」
と、はやしたてました。
 それを聞いた鬼たちは、声の主を捜し始めました。
「いったい誰だ。稽古をじゃまするのは!」
 そしてついに、鬼の親分が五分次郎を見つけました。
「なんだこの小さな小僧は、腹の足しにもならんが、こうしてくれるわ」
 鬼の親分は五分次郎をつまみ上げると、口の中へポイと放り込んだのです。
「ああ、また食べられちゃった」
 鬼のお腹に入った五分次郎は、鬼の体の中をかけまわると、ようじの刀で、
 胃袋をチョン!
 おへそをチョン!
 のどをチョン!
と、つつきまわります。
 五分次郎を飲みこんだ鬼の親分は、目を白黒させて、
「うわあ、痛い! 痛い!」
と、大騒ぎです。
 すると鬼の子分たちは、親分のお腹の中にむかって叫びました。
「おい、宝物をやるから、親分の体から出て来い!」
 すると五分次郎は、
「本当だな! 嘘をついたら、またここへもどるからな!」
と、いって、鬼の親分の鼻から外へピョーンと飛び出しました。
「さあ、約束通り宝物をもらうぞ!」
 すると鬼たちは馬と宝物を用意して、馬の背中に宝物を積んでやりました。
 すると五分次郎は、馬の前髪に座って馬を歩かせると、おじいさんおばあさんの待つ家に帰って行ったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界禁煙デー
きょうの誕生花
カラー(calla)
きょうの誕生日・出来事
1974年 有吉弘行 (タレント)
恋の誕生日占い
頭が良くて、しっかりした考えの持ち主
なぞなぞ小学校
えんぴつで書くのは字。走ってかくのは?
あこがれの職業紹介
ブライダルカメラマン
恋の魔法とおまじない 152
イライラをしずめる
  5月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
五分次郎
きょうの世界昔話
長靴をはいたネコ
きょうの日本民話
家宝の皿
きょうのイソップ童話
ミツバチとヒツジ飼い
きょうの江戸小話
じしゃく宿
きょうの百物語
空から降りてきたごちそう
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識