福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 6月の日本昔話 > こんにゃくえんま

6月22日の日本の昔話

こんにゃくえんま

こんにゃくえんま

 むかしむかし、ある村に、えんま大王をまつったお堂がありました。
 えんま大王は死んだ人間の罪をさばく、地獄(じごく)の恐ろしい王さまです。
 このお堂のえんま大王も、金色の目をむいて、大きな口をクワーッと開けて、すごい顔でにらんでいます。
 見ただけでも恐ろしいものだから、あまりお参りの人も来ませんでした。
 ところがこのえんま堂に、雨が降っても風が吹いても、一日もかかさずお参りに来るおばあさんがいました。
 このおばあさんは両方とも目が見えないので、孫の小さな女の子に手を引かせて来るのでした。

 お彼岸(ひがん→春分・秋分の日を中日として、その前後7日間)のある日。
 お参りに来たおばあさんは、いつもの様にえんまさまの前に座ります。
 孫の女の子はえんまさまが怖いので、おばあさんの後ろに隠れていました。
「なんまいだー。なんまいだー。おじひ深いえんまさま。どうぞあなたさまのお力で、このババの目を治してくだされ」
 おばあさんは繰り返し繰り返し、えんまさまの前でおじぎをしました。
 えんま大王も、こうして毎日毎日おがまれると、声をかけずにいられません。
「これ、ババよ。お前の願いを聞いてとらす。信心(しんじん→神仏をしんこうすること)してくれたお礼に、わしの片目をしんぜよう」
 えんまさまが口を聞いたので、おばあさんはビックリして上を向きました。
 すると、
「ありゃ! 見える、見える。あたりがよう見える!」
 おばあさんの右の目が、パッと開いたのです。
 おばあさんが大喜びしていると、女の子が叫びました。
「あっ、えんまさまの目が一つない」
 おばあさんが見てみると、確かにえんまさまの目が一つ潰れています。
 おばあさんは、ポロポロと涙を流して言いました。
「ああ、申し訳ない。えんまさまをかたわ(→不完全なこと)にして、わしが見えるようになるとは。ああ、もったいない、もったいない」
 すると、片目のえんまさまが言いました。
「まあ、そう心配せんでもいい。
 わしはお前たちとちごうて、別に働かなくてはならんということもない。
 ただここにこうしておるぶんには、片目でもじゅうぶんじゃ」
「へえ、もったいない。ところで何か、お礼をさせていただきとうございますが」
「お礼か。・・・いや、そんなものはいらぬ」
「いいえ、そうおっしゃらずにどうぞ。わたしに出来ます事を、させてくださいまし」
「・・・さようか。それでは、こんにゃくを供えてくれ。わしは、こんにゃくが大好きでな」
 それからおばあさんは、毎日毎日、えんまさまにこんにゃくをお供えしました。

 その事が村で評判になって、えんまさまは『こんにゃくえんま』と呼ばれるようになりました。
 それからはお参りの人も増えて、毎月の縁日(えんにち)には境内(けいだい→社寺のしきち)に、こんにゃくおでんの店がズラリと並ぶようになったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月22日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ボウリングの日
きょうの誕生花
甘草(かんぞう)
きょうの誕生日・出来事
1964年 阿部寛(俳優)
恋の誕生日占い
好奇心旺盛なチャレンジャー
なぞなぞ小学校
ピーンと張らないと、よく聞こえない物は?
あこがれの職業紹介
ファッションコーディネーター・プランナー
恋の魔法とおまじない 174
結婚運が高まるおまじない
  6月22日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
こんにゃくえんま
きょうの世界昔話
3匹のクマ
きょうの日本民話
大火事を知らせた男
きょうのイソップ童話
ライオンとクマとキツネ
きょうの江戸小話
おたばこいれ
きょうの百物語
入らず山の鬼婆
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識