福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 > 大火事を知らせた男

6月22日の日本民話

大火事を知らせた男

大火事を知らせた男
愛知県の民話愛知県情報

 むかしむかし、ある町で、碁会所(ごかいしょ)をやっている老人がいました。
 碁会所とは、お金を取って碁をうたせるところです。
 この碁会所に、関ヶ原(せきがはら)に住む男がやってきました。
 碁をおえると男がいそいで帰ろうとするので、老人が言いました。
「関ヶ原までは、十五里(約六十キロメートル)もある。
 今からでは、とても今日中には帰れないぞ。
 夜道は危ないから、一晩ここに泊まって、明日の朝早く帰ったらどうだ?」
「いやいや、それがそうもしておられん事情があって」
「おや? どんな事情が?」
「それが、今月中に関ヶ原で大火事があるんですわ。
 大火事は今夜かもしれんし、明日かもしれん。
 いやいや、もうすでに燃えているかもしれんのです。
 ですから一刻も、早く帰らなければならないのです」
 それを聞いて、老人や碁を打っている人たちは、おたがいに顔を見合わせました。
「ほほう。今月中に大火事があると。しかしなぜ、そんなことがわかるのです?」
「はい。それは三年前の事です。
 村の若い男が山へ木を切りに行って、そのまま行方知れずになってしまったんですわ。
 いくら探しても見つからんかったが、ある日、山へ入った者が行方知れずの男とバッタリと出会ったんです。
 そして行方知れずの男に、
『みんな心配して探しておったんだぞ。今までどこで何をしておった?』
と、たずねると、行方知れずの男はこう言ったそうです。
『おらは今、テングにつかえて暮らしておる。
 テングが、おらを人間界に帰してくれんのじゃ。
 そうそう、テングが言うには二月の月に、関ヶ原が大火事で焼けてしまうそうじゃ。
 くれぐれも、用心しておけよ』」
 関ヶ原から来た男はそう言うと、あわただしく帰っていきました。

 さて、二月の最後の日の夕方のことです。
「関ヶ原の男がああ言っていたが、二月も今日で終わりじゃ。やっぱり、何もおこらんかったな」
 碁会所の老人が、西の山に沈む夕日をながめながら言った頃、関ヶ原の西のはしにある家から火が出て、西風にあおられて見る見るうちに燃え広がりました。

 そしてたった一夜のうちに、関ヶ原のほとんどの家が灰になってしまったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     6月22日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ボウリングの日
きょうの誕生花
萱草(かんぞう)
きょうの誕生日・出来事
1964年 阿部寛(俳優)
恋の誕生日占い
好奇心旺盛なチャレンジャー
なぞなぞ小学校
ピーンと張らないと、よく聞こえない物は?
あこがれの職業紹介
ファッションコーディネーター・プランナー
恋の魔法とおまじない 174
結婚運が高まるおまじない
  6月22日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
こんにゃくえんま
きょうの世界昔話
3匹のクマ
きょうの日本民話
大火事を知らせた男
きょうのイソップ童話
ライオンとクマとキツネ
きょうの江戸小話
おたばこいれ
きょうの百物語
入らず山の鬼婆
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識