福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > 入らず山の鬼婆

6月22日の百物語

入らず山の鬼婆

入らず山の鬼婆

♪音声配信(html5)
朗読者 ; ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、ある山のふもとの村に、キノコ採りの上手なおじいさんがいました。

 秋のある日、おじいさんはかごを背負って、いつもの山へキノコ取りに出かけました。
 けれど他の人が取った後らしく、キノコはまったく見つかりません。
「せっかく来たのに、このまま手ぶらで帰るのもくやしいな。
 ・・・そうじゃ、入らず山へ行ってみよう。
 あの山には鬼婆がおるというが、明るいうちに帰ればどうという事もあるめえ」
 おじいさんが入らず山へ入ってみると、シメジでも、シイタケでも、マイタケでも、そこら中に生えています。
「これはすごい。誰も取らんから、キノコがいくらでも生えておるぞ」
 おじいさんが夢中でキノコを採っているうちに、日が暮れてしまいました。
「さて、かごがいっぱいになったはいいが、こうも暗くては帰り道がわからんぞ。・・・仕方ない。一晩泊まっていくか」
 おじいさんはたき火をおこすと、そのたき火でキノコをあぶって食べ始めました。
 するといきなり、鬼婆が現れたのです。
「やい。おらにも食わせろ!」
 鬼婆は二本の角が生えたぼさぼさの白髪頭に、まっ赤に光る大きな目玉、そして耳まで裂けた大きな口にギザギザの歯が生えています。
「へっ、へい、ただいま、焼きますで」
 おじいさんが震えながらシシタケを取り出すと、鬼婆は怖い顔で言いました。
「シシタケ!
 おらでさえ、めったにとれんシシタケを!
 この入らず山は、おらの山だ。
 おらの山を荒らして、無事に帰れると思うなよ。
 足の一本ぐれえは、置いていってもらおうか」
「そんな、どうかごかんべんを。
 入らず山には、二度と入りません。
 シシタケも、ほかのキノコも、全部差し上げますから、どうか見逃してくだせえ」
 おじいさんがいくら謝っても、鬼婆は許してくれません。
「さあ、足をよこせ! 右足か? それとも左足か?」
 その時です。
 たき火がパチッとはねて、鬼婆の大きな右目に飛び込みました。
「あちぢちぢっ!」
 鬼婆が飛び跳ねているすきに、おじいさんは逃げ出しました。
「まてーっ、逃がしはせんぞー!」
 鬼婆は右目を押さえながら、ものすごい勢いで追いかけてきます。
 おじいさんは、ありったけの声を張り上げました。
「山神(やまがみ)さま〜! どうか、お助けくだせえ〜!」
 すると空から紫色の雲がすーっとおりてきて、おじいさんをすくい上げてくれました。
 鬼婆はくやしがりましたが、空の上ではどうする事も出来ません。

  紫色の雲はおじいさんを家まで運ぶと、また空へと戻っていきました。
「山神さま、ありがとうごぜえます!」
 命拾いをしたおじいさんは、それから山へ行くたびに、お礼のお供え物を持って行きました。
 でも入らず山には、二度と行かなかったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月22日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ボウリングの日
きょうの誕生花
甘草(かんぞう)
きょうの誕生日・出来事
1964年 阿部寛(俳優)
恋の誕生日占い
好奇心旺盛なチャレンジャー
なぞなぞ小学校
ピーンと張らないと、よく聞こえない物は?
あこがれの職業紹介
ファッションコーディネーター・プランナー
恋の魔法とおまじない 174
結婚運が高まるおまじない
  6月22日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
こんにゃくえんま
きょうの世界昔話
3匹のクマ
きょうの日本民話
大火事を知らせた男
きょうのイソップ童話
ライオンとクマとキツネ
きょうの江戸小話
おたばこいれ
きょうの百物語
入らず山の鬼婆
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識