福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 7月の日本昔話 > かや泥棒の長八郎

7月15日の日本の昔話

かや泥棒の長八郎

かや泥棒の長八郎
大岡越前の名裁き大岡越前とは?

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、長八郎という老人が隣村のかや山にこっそりと忍び込んで、かやを盗もうとしたのです。
 それを隣村の人たちに見つかった長八郎は、奉行所へと突き出されたのでした。
 長八郎の裁きを担当するのは、名奉行で有名な大岡越前です。
  越前が、長八郎に尋ねました。
「これ、長八郎。そなたは隣村のかや山に忍び込んでかやを盗んだというが、それは本当か?」
 すると、立ち会いの隣村の者たちが口々に、
「大岡さま、本当です」
「どうか長八郎の首を、ちょん切って下さい」
と、言うのです。
「これ、静かにせい! 今は長八郎に聞いておるのじゃ」
 越前はたしなめると、土下座をしたままの長八郎にもう一度尋ねました。
「して、長八朗。そなたがかやを盗んだのは、本当なのだな?」
「はい。確かにおらが、かやを盗みました」
「そうか。しかし、こう言ってはなんだが、もうそなたはもう年だ。調べたところによると、そなたは病を患っており、あと何年も生きられないと聞いておる。そんなお前が、なぜ盗みなどをしたのじゃ?」
 すると、隣村の者たちが、また口をはさみました。
「長八郎は、むかしから博打(ばくち)が好きでした。きっと今度も、博打をする金欲しさに違いありません」
「そうです。はやく長八郎の首を、ちょん切って下さい」
 越前は、もう一度隣村の者たちを叱りつけました。
「黙れ! 今は長八郎に聞いておると言っているだろう! 口をはさむことは二度と許さん!」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
  隣村の者たちが黙ると、越前は話を続けました。
「長八郎よ、そなたがばくちをしていた事は知っておる。そして、今ではすっかり足を洗って、真面目に働いている事もな。して、そなたがかやを盗んだのはなぜじゃ?」
「はい、それは、老い先が短いからでございます。実は、わたしには年頃の孫娘がいるのですが、貧乏な為に、嫁入り道具を用意する事も出来ません。それで、悪い事とは知りながら、つい」
「そうか・・・」
 越前は、これをどう裁けばよいか悩みました。
 長八郎をかばってやりたい気持ちはありますが、盗みは盗みです。
 このまま無罪で見逃しては、他の者に示しがつきません。
 するとそこへ、心配して駆けつけていた孫娘が飛び出してきて、越前に深々と土下座をして言いました。
「どうか、どうか、じいさまをお助け下さい」
「・・・しかしだな、盗みは盗みだ。かやとはいえ、無罪にするわけには」
「かや山のかやは、いくら切っても春になれば、また新しい芽を出してくれます。ですが人の首は、切られてしまえば、それでお終いです」
 それを聞いた越前は、ホンとひざを叩きました。
「うむ、なるほど、確かにそなたの申す通りであるな。かやは切っても取り返しがつくが、人の首は切ってしまうと取り返しがつかない。うむ。長八郎に罪はない事とする。ただし、盗んだ分のかやは、来年にはお前がかや山で刈ってきて、必ず返すようにな」
「はい。ありがとうございます」
 こうして長八郎は許されて、翌年には盗んだかやを返したのです。
 そして孫娘が嫁いで行くのを、無事に見届けることが出来たのです。

「うむ。これにて、一件落着!」

おしまい

前のページへ戻る


     7月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ファミコンの日
きょうの誕生花
凌霄花(のうぜんかずら)
きょうの誕生日・出来事
1983年 唐沢 美帆 (歌手)
恋の誕生日占い
おしゃれ好きで、自分を可愛く見せる方法を知っています
なぞなぞ小学校
菊人形の中に詰まっている物は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
アートディレクター
恋の魔法とおまじない 197
捜し物が見つかるおまじない
  7月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
かや泥棒の長八郎
きょうの世界昔話
おばあさんの家
きょうの日本民話
かわり者「阿波のデコ忠」
きょうのイソップ童話
川にフンをしたラクダ
きょうの江戸小話
無理な願い
きょうの百物語
ネコと茶釜のふた
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識