福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 7月の日本昔話 > なぞなぞ絵手紙

7月23日の日本の昔話

なぞなぞ絵てがみ

なぞなぞ絵手紙

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、ある町の店に、村から嫁いで来たお嫁さんがいました。
 お嫁さんは良く働き、気立ても良くて申し分ないのですが、あいにく文字の読み書きが出来ません。

 ある日の事、このお嫁さんが久しぶりに、村のお母さんの所へ里帰りをする事になりました。
 お嫁さんに、お土産を持たせた夫は、
「お母さんに、手紙を持って行きなさい」
と、筆と紙を取りました。
「あの、うちのおっかさんも、読み書きが出来ません。すみませんが字の手紙でなく、絵手紙にしてください」
「わかった。じゃあ、絵手紙にしよう」
 夫は紙に『一升ます』と『草かりがま』と『女の人の着物に噛みつきそうな犬』を絵にして、お嫁さんに渡しました。

 さて、それから数日後。
「おっかさん、ただいま」
「まあまあ、よく帰って来てくれたね。さあ、ゆっくりしておくれ。で、どうだい? 町での暮らしは」
「はい。うちの人は優しくしてくれるし、お店は繁盛しているし、毎日がとても楽しくてね。それでつい、帰るのが遅くなって」
 お嫁さんは、つもる話をしてから、
「あっ、そうそう。うちの人から、絵手紙を預かってきましたよ」
と、お母さんに、絵手紙を差し出しました。
 それを受け取ったお母さんは、絵手紙を見て首を傾げます。
「はて、『一升ます』と『草かりがま』と『女の人の着物に噛みつきそうな犬』。何の事やら、読み取れませんよ」
 そこでお母さんとお嫁さんは隣に住む物知りのおじいさんに、この絵手紙を読み解いて欲しいと頼みました。
 すると、
「ふむ、ふむふむ。気の毒じゃが、これは離縁(りえん)状じゃよ」
と、言うのです。
「まさか、そんな事は・・・。でも・・・、そんなあ・・・」
 お嫁さんは悲しくなり、シクシクと泣き出しました。
「何かの間違いです。ちゃんと、読み解いて下さい」
 お母さんが言うと、おじいさんは絵手紙をお母さんに見せて言いました。
「いいかい。
 『一升ます』は、一生の事。
 『草かりがま』と『犬』で、かまワン、となる。
 つまりだ、
 『おまえの事は一生構わんから、帰って来なくていい』
 と、言う事じゃ。
 ほんに、気の毒になあ」
「うわーん!」
 お嫁さんはあまりの事に泣き崩れてしまい、それから毎日泣き暮らしていました。

 そんなある日の事、夫が町から尋ねてきました。
「いつまでも帰って来ないから、病気にでもなったのかと心配でやって来た。一体、何を泣いているのだ?」
「だっ、だって。絵手紙で『一生かまわん』と、あたしを離縁したではありませんか」
「ああ? 何を言うのだ!
 犬の絵を、よく見たのか?
 犬が女の着物のすそを、噛もうとしておったろうが。
 これはつまり、
 『お前の事は、一生かまう(大事にする)』
 との意味で、決して離縁状などではない」
 これを聞いて、お嫁さんは、
「まあ、うれしい!」
と、夫に抱きつくと、仲良く手に手をとって町へ戻って行きました。

 お幸せに。

おしまい

前のページへ戻る


     7月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
米騒動の日
きょうの誕生花
ジンジャー(ginger)
きょうの誕生日・出来事
1942年 松方弘樹(俳優)
恋の誕生日占い
家庭的な才能があり、世話好きで子供好き
なぞなぞ小学校
食べ物なのに、飲み込まないで捨ててしまう物は?
あこがれの職業紹介
建築士
恋の魔法とおまじない 205
嫌な事を忘れるおまじない
 7月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
なぞなぞ絵手紙
きょうの世界昔話
ガチョウ番の少女
きょうの日本民話
病気を治す地蔵
きょうのイソップ童話
太陽とカエル
きょうの江戸小話
ウマの尻にお札
きょうの百物語
山ネコを追い払ったご幣
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識