福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 7月の日本昔話 >やみ夜のカラス

7月27日の日本の昔話

やみ夜のカラス

やみ夜のカラス
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とてもゆかいな人がいました。

 ある日の事、きっちょむさんが町へ野菜を売りに行ってみると、大工の熊さんが、せがれの定坊(さだぼう)のえり首をつかんで大声でどなっています。
 この熊さん、大工の腕は良いのですが、とても怒りっぽい人です。
 えり首をつかまれた定坊は、
「ごめんなさい、ごめんなさい」
と、泣いてあやまっていますが、熊さんは許そうとはしません。
 子ども好きなきっちょむさんは、二人の間に割っては入りました。
「まあまあ、熊さん。一体、どうしたと言うんですか?」
 すると熊さんは、すみでまっ黒に塗りつぶされた、絵を描く絹の布を見せて、
「きっちょむさん、これを見てくれよ。わしは絵が好きだから、絵の先生に何かを描いてもらおうと思って、この絵ぎぬを買ってきておいたんだ。すると定坊の奴が、いたずらをしてこんなにすみを塗ってしまったんだ。これでは使い物にならない」
「なるほど。ちょっと、見せてください」
 きっちょむさんはその絵ぎぬを受け取って、つくづくとながめてから言いました。
「熊さん、定坊は、とても絵がうまいね」
「な、なんだって?」
「定坊は、いたずらをしたんじゃなくて、やみ夜にカラスがいるところを描いたんだよ」
「えっ? やみ夜のカラスだって? ・・・なるほど、だからまっ黒というわけか。わはははははっ」
 きっちょむさんのとんちに、さすがの熊さんも、お腹をかかえて笑い出しました。
 そして、すっかり機嫌を直した熊さんは、
「定坊、もう、やみ夜のカラスを描くんじゃないぞ」
と、許してやりました。

おしまい

前のページへ戻る


     7月27日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
スイカの日
きょうの誕生花
フィソステギア(Physostegia)
きょうの誕生日・出来事
1991年 松井 玲奈 (タレント)
恋の誕生日占い
ちょっぴりドジだけど、みんなから愛される
なぞなぞ小学校
ハムの木って、どんな木? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
ジュエリーコーディネーター
恋の魔法とおまじない 209
おねだり上手になるおまじない
 7月27日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
やみ夜のカラス
きょうの世界昔話
四色の魚
きょうの日本民話
オオカミの恩返し
きょうのイソップ童話
金のライオンを見つけた男
きょうの江戸小話
カニのふんどし
きょうの百物語
娘の骸骨(ガイコツ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識