福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 7月の日本昔話 > 幽霊の酒盛り

7月31日の日本の昔話

幽霊の酒盛り

幽霊の酒盛り

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

♪音声配信(html5)
音声 田布施座

 むかしむかし、あるところに、一軒(けん)のこっとう屋がありました。
 今日はあいにく主人夫婦が留守なので、おいっ子の忠兵衛(ちゅうべえ)が留守番をしています。
 そこへ、金持ちそうなお客がやってきました。

「ふむ、山水(さんすい)か。
 図柄が、ちと平凡じゃな。
 ふむ、書か。
 これはまた、下手くそな字じゃ。
 ・・・ああ、どいつもこいつも、ありきたりでつまらん」
 その時、お客の目が光り輝きました。
「むむっ、こいつは珍しい! 気に入ったぞ。主人、この掛け軸はいくらだ?」
 それは、女の幽霊が描かれた掛け軸でした。
 おじさんがただ同然で買ってきたガラクタだったので、二十文(→六百円ほど)ももらえば十分だと思って、忠兵衛はお客に指を二本出して見せました。
 するとお客は、
「なに、二十両(→百四十万円)? そいつは安い!」
と、大喜びです。
「えっ? 両? いや、あの、その・・・」
 目をパチクリさせている忠兵衛に、お客は財布を渡して言いました。
「今はあいにくと、持ち合わせがない。
 だから手つけ(→契約金)だけを、払っておこう。
 残りの金は明日持って来るから、誰にも売らないでくださいよ」
「へい、もちろんです!」
  忠兵衛はお客を見送ると、受け取った財布の中身を見てびっくりです。
「うひゃあ、すごい大金が入っているぞ! あのお客、本当に二十両で買うつもりだ!」
 おじさん夫婦の留守の間に思わぬ大金を手にした忠兵衛は、すっかりうれしくなって幽霊の掛け軸を相手に一人で酒盛りを始めました。

「いや、ゆかいゆかい。
 ちょっと店番をして、二十両か。
 笑いが止まらねえとは、この事だ。
 ・・・しかし二十両だと思って見てみると、この幽霊はなかなかの美人だな」
 そして忠兵衛は、掛け軸の幽霊にむかって言いました。
「お前さんのお陰で大金をかせがせてもらうのに、おれ一人で飲んでちゃ申し訳ねえな。
 おい、お前さん。
 ちょっと出て来て、おしゃく(→お酒をつぐこと)でもしてくれや」
 するとそのとたん、夏だというのに辺りがスウーッと冷たくなり、風もないのに明かりがパッと消えて、ふと気づくと目の前に見知らぬ女の人が立っていたのです。
「ん? ま、まさか、その顔は」
 忠兵衛が掛け軸を見ると、掛け軸はもぬけの空で、まっ白です。
「ぎゃあーー! で、出たあーー!」
 掛け軸の幽霊は美人とほめられたのがうれしくて、本当におしゃくをしに出てきたのです。
 初めは怖がっていた忠兵衛も、相手が美人の幽霊なので、そのうちにすっかりいい気分になりました。
 おまけにこの幽霊の、お酒の強い事。
 忠兵衛が歌えば、それに合わせて幽霊が踊ります。
 二人は夜通し、飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎをしました。

 次の朝、目を覚ました忠兵衛は、ふと幽霊の掛け軸を見てびっくり。
 何と掛け軸の絵の幽霊が、酒に酔って寝ているではありませんか。
「ね、寝てる!」
 忠兵衛は寝ている幽霊を見ながら、泣きそうな顔でつぶやきました。
「う~ん、困ったなあ。早く起きてもらわないと、二十両がパーになっちまうよう」

おしまい

前のページへ戻る


     7月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
蓄音機の日
きょうの誕生花
柳蘭(やなぎらん)
きょうの誕生日・出来事
1967年 中山秀征(タレント)
恋の誕生日占い
粘り強い頑張り屋で、自分が信じた道を突き進みます
なぞなぞ小学校
山に風が吹くと、何が起きる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
モバイルデザイナー・デコレーションアーティスト
恋の魔法とおまじない 213
恋愛運が下がるおまじない
 7月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
幽霊の酒盛り
きょうの世界昔話
青ひげ
きょうの日本民話
豊田佐吉のはたおり機
きょうのイソップ童話
セミ
きょうの江戸小話
かみなり
きょうの百物語
座敷童(ざしきわらし)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識