福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 7月の日本民話 > 豊田佐吉のはたおり機

7月31日の日本民話

豊田佐吉のはたおり機

豊田佐吉のはたおり機
静岡県の民話 → 静岡県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 今では世界のトヨタとして、多くの自動車を作るトヨタ自動車株式会社ですが、これはそのトヨタが誕生する前の、初めの初めのお話しです。

 むかし、遠江(とおとうみ→静岡県)の山口村に、豊田佐吉(とよださきち)という、貧しい大工の息子がいました。
 まだ小学校を卒業したばかりの十二才ですが、佐吉は家計を助けるためにお父さんの仕事を手伝いするようになりました。
 ある日の夜遅く、はたおりをしていたお母さんが佐吉にたずねました。
「おや? 佐吉。どうしたね。また、お父さんにしかられたか? お父さんは、きびしい人だからね。でもね、つらくてもがんばるんだよ。お父さんは、お前を立派な大工にしたいんだからね」
 そう言うお母さんの手は、バッタン、バッタンと、はたおり機を忙しく動かしています。
 それをしばらく見ていた佐吉は、お母さんにたずねました。
「ねえ、それって、一日に、どのくらいおれるの?」
「ああ、これかい。そうだね、頑張っても、一尺(いっしゃく→三十p)ぐらいかねえ」
 お母さんは、にっこり笑って答えましたが、なんだか、とても疲れている様子です。
(お父さんや僕の仕事は、夜になると終わるけど、お母さんは朝から夜中まで一日中だ。何とか工夫して、お母さんに楽をさせてあげたいな)
 佐吉はそう思いながら、はたおり機の動きをじっと観察しました。
(手を、上に、下に、左に、右に。・・・なんだ。布をおるのは意外と簡単だな。これを自動で出来れば、もっと簡単に、もっとたくさんの布がおれるかもしれないぞ)
 手先が器用で、大工としてもなかなかの腕前だった佐吉は、その日からはたおり機を改良して、なんと自力で、足ぶみ式のはたおり機を作りあげたのです。
「どう、お母さん」
 佐吉が作ったはたおり機を動かしたお母さんは、びっくりです。
「えー、これは前よりずっと楽だし、たくさん布がおれるわ。佐吉、ありがとう」
「えへへ。こんなのはまだまださ。もっともっと改良して、自動で布がおれるはたおり機をつくってやるよ。僕の夢はね、このはたおり機で、お母さんも、村のみんなも、そして日本の人たちみんなを、もっと楽にすることさ」
 その言葉通り、佐吉は足ぶみ式のはたおり機を何十年もかけて改良していき、ついに六十才の時に、完全全自動の『豊田式自動はたおり機』を完成させたのです。
 これは、日本が世界に誇る大発明です。
 その後、佐吉は『豊田式自動はたおり機』の特許権を売った資金で息子に国産自動車の開発を始めさせました。

  これが現在のトヨタ自動車株式会社の始まりなのです。

 → トヨタ自動車株式会社

おしまい

前のページへ戻る


     7月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
蓄音機の日
きょうの誕生花
柳蘭(やなぎらん)
きょうの誕生日・出来事
1967年 中山秀征(タレント)
恋の誕生日占い
粘り強い頑張り屋で、自分が信じた道を突き進みます
なぞなぞ小学校
山に風が吹くと、何が起きる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
モバイルデザイナー・デコレーションアーティスト
恋の魔法とおまじない 213
恋愛運が下がるおまじない
 7月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
幽霊の酒盛り
きょうの世界昔話
青ひげ
きょうの日本民話
豊田佐吉のはたおり機
きょうのイソップ童話
セミ
きょうの江戸小話
かみなり
きょうの百物語
座敷童(ざしきわらし)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識