昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >八月

8月2日の日本の昔話

涼み袋

涼み袋
纳凉袋

翻訳者 広東省恵州学院  王依钿

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、一人の侍がお供を連れて、山道を歩いていました。
 很久很久以前,有一位武士带着随从,走在山路上。

 とても暑い日だったので、侍もお供も全身汗だくです。
 因为天很热,武士和随从浑身都是汗。

「暑いな」
“好热啊。”

「はい、まったくです」
“是啊,真热。”

 しばらく行くと、峠に一軒の店がありました。
 走了一会儿,他们看到山口有一家店。

 その店の看板には、
《涼み袋あり》
と、書いています。
 店的招牌上写着“有纳凉袋”。

「ほほう。涼み袋とは、いかなる物であろうか?」
“哦?纳凉袋是什么东西啊?”

「さあ? とりあえず、寄ってみましょうか」
“谁知道呢。总之我们先过去看看吧。”

 二人が店に入って行くと、小ざっぱりした身なりのおじいさんがニコニコしながら出迎えました。
 两人走进店里,身着整洁服装的老爷爷笑嘻嘻地迎接他们。

「いらっしゃいませ。お暑い中、大変でしたでしょう」
“欢迎光临。这么热的天,两位很辛苦吧。”

 お茶を差し出すおじいさんに、侍が尋ねました。
 武士询问给他们端茶的老爷爷。

「これ、表の看板に《涼み袋あり》とあるが、その涼み袋とは、いかなる物だ?」
“我看到这里正门的招牌上说有‘纳凉袋’,那个纳凉袋到底是什么东西?”

「はい、涼み袋とは冬場に山の冷たい風を詰め込んだ、不思議な袋でございます」
“啊,纳凉袋就是装满了冬天山里的冷风的不可思议的袋子。”

「ほほう。よくわからぬが、二袋ばかりもらおう」
“哦?虽然我还是不太明白,不过请给我来两个。”

「はい、ありがとうございます」
“好的,多谢惠顾。”

 侍はおじいさんから紙袋を受け取ると、それをお供に持たせてふもとの宿に行きました。
 武士接过老伯给他的纸袋,让随从带着后,前往山脚的旅馆。


 その日は、夜になっても暑い日でした。
 那天即使到了晚上也还是很热。

 寝苦しさに目を覚ました侍は、お供を呼んで言いました。
 难以入睡的武士,把随从叫过来。

「峠の店で買った《涼み袋》というやつ、国の土産に持って帰ろうと思っていたが、こうも暑くてはがまん出来ぬ。すまんが、一袋持って来てくれんか」
“在山口的店里买的纳凉袋,我本来想把它当成这个国家的礼物带回去的,不过现在太热了我实在受不了了。不好意思,能帮我拿一个过来吗。”

「はい。ただいま」
“好的,我这就拿过来。”

 お供が涼み袋を一袋持って来たので、侍はその袋の口を開けてみました。
 随从拿了一个纳凉袋过来,武士就稍稍打开了那个袋子的袋口。

 すると袋の中から、とてもひんやりとした涼しい風が吹き出して来て、あっという間に部屋中を涼しくしてくれたのです。
 然后从袋子里飘出了非常清凉的风,不一会儿房间就变得凉快了。

「おおっ、これは良い物を買った」
“哇,真是买到了好东西。”

 涼み袋のおかげで、侍はぐっすり眠る事が出来ました。
 多亏了纳凉袋,武士睡得很好。


 さて、こちらはお供の部屋ですが、この部屋は風通しが悪くて侍の部屋以上に寝苦しい部屋でした。
 但是随从的房间就没有那么舒服了,这屋子通风不好,比武士的房间更难以入睡。

 お供はだらだらと汗をかきながら、一睡も出来ません。
 随从挥汗如雨,完全睡不着。

「うーん、こうも暑くては、寝るどころではないぞ。
“嗯,这也太热了,根本睡不着。

 明日も朝早くから、長く歩かなくてはならんのに。
 明天一早还要赶远路呀。

 ・・・よし、おらも一つ、涼み袋を使ってみようか。
 少しだけなら、ばれないだろう」
 ……好,我也试着打开一个纳凉袋吧。稍微打开一点儿,应该不会露馅的。”

 こうしてお供は、残った涼み袋を少しだけ開けてみました。
 就这样随从把剩下的那个纳凉袋试着稍微打开了一点。

 するとたちまち涼しい風が吹き出して、お供の汗がすーっと引いていきます。
 然后立即就有凉爽的风吹出来,将随从的汗一下子带走了。

「これは気持ちがいい。よし、もう少しだけ」
“这还真是舒服。好,再打开一点。”

 こうしてお供は何度も何度も涼み袋を開けて、とうとう涼み袋の風を全部使ってしまったのです。
 就这样,随从将纳凉袋打开了好几次,最终纳凉袋的风全都用完了。

「さあ、困ったぞ。旦那さまがお目覚めになったら、きっともう一袋持って来いと言うに違いない。どうしよう、どうしよう」
“啊,糟糕了。要是主公醒了,一定会让我把另一袋也拿过去的。怎么办?怎么办?”

 しばらく考えていたお供は名案を思いついたのか、空になった涼み袋にお尻を当てると、
♪ブーーーーーッ
と、袋の中におならを入れて、素早く袋の口を閉じました。
 想了一会儿的随从大概是想到了好主意,把空了的纳凉袋对着屁股,噗——,他把屁装进了袋子里后,快速地扎好袋口。

 これで見た目には、まだ使っていないのと同じです。
 这样从外面看,它和没使用的袋子是一模一样的。


 さて、涼み袋の効果がなくなって来たのか、侍は蒸し暑さで目を覚ましました。
 大概是纳凉袋的效果渐渐消失了,武士被热醒了。

「うむ。どうやら、涼み袋の効き目がなくなったようだな。よし、もう一つ使うとするか」
“嗯。看来纳凉袋的效果消失了。好,再用一个吧。”

 侍は、お供に新しい涼み袋を持って来させると、涼しい風を楽しみに紙袋の口を開けました。
 武士让随从把新的纳凉袋拿过来,打开纸袋的口,期待着打开了纸袋口。

 すると涼み袋からは涼しい風ではなく、ぷーんと臭い風が吹いてきたのです。
 然而从纳凉袋里出来的不是凉风,是一股臭风。

「げほっ、げほっ。・・・な、なんだ、この風は!」
“咳咳,咳咳。……这、这风,是怎么回事!”

 侍が臭いにおいにむせていると、お供が涼しい顔で言いました。
 武士被臭味呛到后,随从装出一副若无其事的样子说道:

「この暑さですからね。さすがの風も、腐ってしまったのでしょう」
“可能是天气太热了太热了。连这风也腐臭了吧。”

「なるほど。こんな事なら、早く使っておればよかった」
“原来如此。早知道变成这样,还不如早点用了好。”

おしまい
結束

前のページへ戻る
(回到上一页)

     8月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パンツの日
きょうの誕生花
鋸草(のこぎりそう)
きょうの誕生日・出来事
1973年 友近 (芸人)
恋の誕生日占い
動植物を愛する、心優しい女の子
なぞなぞ小学校
雨の日に田んぼへ行くと、何が起きる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
助産師
恋の魔法とおまじない 215
恋人とライバルを別れさせるおまじない
  8月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
涼み袋
きょうの世界昔話
サルとボウシ屋
きょうの日本民話
ウマを救った鵜(う)
きょうのイソップ童話
神さまの像を売る男
きょうの江戸小話
夕立屋
きょうの百物語
お化け車
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識