福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 >白ギツネの恩返し

10月23日の日本の昔話

白ギツネの恩がえし

白ギツネの恩返し
石川県の民話石川県情報

♪音声配信(html5)
音声 ぬけさくのいちねん草紙

 むかしむかし、加賀の殿さまに可愛がられていた、弥三右衛門(やざえもん)という弓の名人がいました。

 ある日の事、弥三右衛門は殿さまと一緒に狩りに出かけました。
 その時、やぶの中から白いキツネが飛び出してきたのです。
 白いキツネはとても縁起の良いキツネなので、殿さまはすぐに欲しくなって、
「おおっ、白ギツネじゃ。弥三よ、あれを射よ」
と、命じました。
「はっ!」
 弥三右衛門は馬にまたがると、キツネを追いつめて矢をはなとうとしました。
 するとキツネはくるりとあおむけにひっくりかえって、お腹のあたりを前脚でさししめしたのです。
 見てみてるとキツネはメスギツネで、大きなお腹をしていました。
 キツネの目には、大粒のなみだがうかんでいます。
「そうか。お前は母親で、お腹には子がいるのか。・・・わかった、行くがよい」
 弥三右衛門は白ギツネを、そのまま逃がしてやりました。
 するとこれを見た殿さまがかんかんに怒って、その場で弥三右衛門を首にしたのです。

 城を追い出された弥三右衛門は、ほかの地でくらそうと旅立ちました。
 そして旅の途中の峠の宿で寝ていると、あの白ギツネが女の人の姿になって夢に現れたのです。
「わたしのために、まことに申しわけありません。その代わりといってはなんですが、これから江戸へお行きなさい。必ず、恩返しをしますので」
 白ギツネはそう言うと、夢の中から消えていきました。
「・・・夢か。まあよい、どうせ行く当てもないのだから、江戸に行ってみるか」
 次の朝、弥三右衛門は夢で言われた通り江戸にむかい、浅草に住む事にしました。

 弥三右衛門が浅草に来てからしばらくたった年の暮れ、また白ギツネが夢に現れました。
「あなたさまに命を助けられた子どもたちは、みな元気に育っております。本当にありがとうございました。では約束の恩返しに、病を治すお札を差し上げましょう。これからはこのお札で、病気の人たちを治してあげてください」
 白ギツネはそう言うと枕元にお札を一枚置いて、病気の治し方を教えてくれたのです。
 そのお札は不思議な力を持っていて、弥三右衛門が教えられた通りにお札を使って治療をはじめると、どんな病気もすぐに治ったのです。
 お札の治療はたちまち評判となって、弥三右衛門は大金持ちになりました。
 弥三右衛門はそのお金で、白ギツネのために立派な神社をたてたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


    10月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
電信電話記念日
きょうの誕生花
通草(あけび)
きょうの誕生日・出来事
1987年 渡辺 直美 (タレント)
恋の誕生日占い
頭が良くて、色々なアイデアをどんどん思いつきます
なぞなぞ小学校
お喋りな山がある県は?
あこがれの職業紹介
古着屋(経営者・オーナー)
恋の魔法とおまじない 297
生理痛を和らげるおまじない
 10月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
白ギツネの恩返し
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 チーズの島
きょうの日本民話
黒ギツネの霊カ
きょうのイソップ童話
同じ重さの荷物を運ぶロバとラバ
きょうの江戸小話
ウシ
きょうの百物語
盗人宮(ぬすっとみや)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識