福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 > おとりのキジ

11月5日の日本の昔話

おとりのキジ

おとりのキジ
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。

 吉四六さんの村にはカラスがたくさんいて、畑は荒らされるし、朝から晩までカァー、カァーとうるさいし、まったく困ったやっかい者です。
「よし、わしがカラスを捕まえてやろう」
 吉四六さんがワナをしかけると、二十羽あまりのカラスがとれました。
「さて、このカラスをどうしようか?」
 カラスは他の鳥と違って、食べてもおいしくありません。
 かといって、このまま捨ててしまうのも、もったい話です。
「そうだ。町へ持って行って、カラスを売ってこよう」
 吉四六さんはカゴにカラスを入れると、何を考えたのかカゴのふたの上にキジを一羽乗せて出かけました。

「ええー、カラスはいらんかな。カラスの大安売りだよ。一羽がたったの十文(→三百円ほど)。カラスはいらんかな」
 吉四六さんの売り声に、町の人たちは驚きました。
「おい、見ろよ。カラス、カラスと言っているが、カゴにつけているのはキジではないか」
「なるほど、キジに間違いない。あの男、よほど田舎者とみえる。きっとカラスとキジの区別がつかんのだ。キジが一羽たったの十文なら、安い買い物だ。おーい、一羽くれ」
「わしにも、そのキジ・・・、いや、カラスをくれ」
「わしにもだ」
 町の人たちが寄って来ると、吉四六さんはみんなから十文ずつもらって、カゴに入ったカラスを渡しました。
「何だこれは? カラスではないか?」
「そうだ、なぜキジをくれない!」
 町の人たちは文句を言いましたが、吉四六さんはにっこり笑って言いました。
「わしはちゃんと『カラスはいらんかな』と、言ったではないか。そうだろう?」
「そっ、それは確かに・・・」
 こうして吉四六さんは、売り物にならないカラスで大金をかせいだのです。

おしまい

前のページへ戻る


     11月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
雑誌広告の日
きょうの誕生花
コルチカム(Colchicum)
きょうの誕生日・出来事
1968年 三貴将史(俳優)
恋の誕生日占い
好奇心が強く、色々な事にチャレンジする
なぞなぞ小学校
口に足が生えたら、何になる?
あこがれの職業紹介
Web系プログラマ
恋の魔法とおまじない 310
美人になるおまじない
  11月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おとりのキジ
きょうの世界昔話
泥棒の名人
きょうの日本民話
熊野参り
きょうのイソップ童話
クジャクとツル
きょうの江戸小話
しっぺがえし
きょうの百物語
戻橋(もどりばし)の鬼女(きじょ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識