福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 11月の百物語 > 戻橋(もどりばし)の鬼女(きじょ)

11月5日の百物語

戻橋(もどりばし)の鬼女(きじょ)

戻橋(もどりばし)の鬼女(きじょ)
京都府の民話京都府の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 ; ぬけさくのいちねん草紙

 むかしむかし、源頼光(みなもとのらいこう)の家来で、渡辺綱(わたなべのつな)という人がいました。
 綱はとても優れた武者で、主人の頼光からとても大事にされていました。

 ある時、綱は主人の言いつけで、京のはずれまで出かけました。
 その帰り道、綱が一条戻橋(いちじょうもどりばし)にさしかかると、橋のたもとから女の人が現れました。
 見ると、この世の者とは思えないほど美しい女の人です。
「どうされたのですか? こんなところに、たった一人で」
 綱が尋ねると、その女の人が答えました。
「はい、わたしはさるお方のお使いでこの辺りまでやってまいりましたが、帰る道に迷って途方にくれておりました。もしよろしければ、どうぞわたしを都までお連れ下さいませんか?」
「わかりました。では、わたしの馬にお乗り下さい」
 綱は女の人を自分の馬の後ろに乗せましたが、橋の中ほどまで来た時、なにげなく水にうつった女の人を見て驚きました。
 なんと自分の後ろにうつっているのは、恐しい鬼だったのです。
「貴様!」
 綱が振り返ったと同時に、女の人は鬼の正体を現して言いました。
「あははははっ、我々の仲間を数多く殺した恨み、いまこそ晴らしてくれるわ」
 そして丸太の様な腕で綱の体を軽々とつかむと、ふわりと空へ舞い上がり、そのまま空を飛んで鬼の住み家である愛宕山(あたごやま)へと向かいます。
(ぬぬっ、このままではまずい!)
 綱は何とか、腰の刀を抜きました。
 するとそれを見た鬼が、大笑いをします。
「あははははっ、我を斬るつもりか? 今、我を斬ると、お前は地面に落ちて死ぬ事になるぞ」
 確かに、この高さから落ちては助かりません。
 しかしその時、自分たちが進む方向に、北野天満宮(きたのてんまんぐう)の屋根が見えてきました。
(うまくあの上に降りる事が出来れば、怪我ぐらいですむかもしれん。天神さま、どうぞご加護を)
 綱は意を決すると、自分をつまみ上げている鬼の腕を切り落としました。
「ウギャーーー!」
 腕を切り落とされた鬼は大きな悲鳴を上げると、そのまま愛宕山に向かって消えてしまいました。
 そして何とか北野天満宮の屋根に降りる事が出来た綱は、大した怪我もせずにすみました。

 無事に家へ帰る事が出来た綱は、
(自分が生きているのは、全て天神さまのおかげです。ありがとうございました)
と、感謝すると、とても立派な灯籠を納めて、それからも信心に励んだという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     11月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
雑誌広告の日
きょうの誕生花
コルチカム(Colchicum)
きょうの誕生日・出来事
1968年 三貴将史(俳優)
恋の誕生日占い
好奇心が強く、色々な事にチャレンジする
なぞなぞ小学校
口に足が生えたら、何になる?
あこがれの職業紹介
Web系プログラマ
恋の魔法とおまじない 310
美人になるおまじない
  11月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おとりのキジ
きょうの世界昔話
泥棒の名人
きょうの日本民話
熊野参り
きょうのイソップ童話
クジャクとツル
きょうの江戸小話
しっぺがえし
きょうの百物語
戻橋(もどりばし)の鬼女(きじょ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識