福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 > くわん、くわん

11月19日の日本の昔話

くわん、くわん
イラスト たつよ   提供 らくがきの日常

くわん、くわん
一休さんのとんち話 → 一休さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

 ある時、和尚(おしょう)さんが大好きなぼたもちをもらってきましたが、

くわん、くわん

 寺の小僧たちにわけるだけの数はありません。

くわん、くわん

 そこで和尚さんは小僧たちにはやらずに、一人で全部食べてしまおうと、そのぼたもちを戸だなの奥に隠したのですが、それを見ていたのが一休さんです。
「ずるい和尚さんだ。よし、みんなで食べてしまおう」

くわん、くわん

と、隠していたぼたもちを取り出すと、寺の小僧たちと一緒に全部食べてしまったのです。
「しかし、こんな事をして大丈夫か? 一休」
 心配する小僧たちに、一休さんはニッコリ笑うと、
「大丈夫ですよ。本堂の阿弥陀(あみだ)さまに、ちょっと手伝ってもらえば」

くわん、くわん

と、言って、皿についたアンコを手ですくうと、一休さんは本堂に入って行きました。

 さて次の朝、ぼたもちがなくなった事に気がついた和尚さんはカンカンに腹を立てて、一休さんたち小僧を呼びつけました。

くわん、くわん

「こら! 戸だなの奥のぼたもちを盗んだのは、誰だ?!」
 すると一休さんは、とぼけた口調で、
「はて、わたしたちは知りません。
 だけど本堂の阿弥陀さまの口元に、アンコがついていましたよ。
 犯人は、阿弥陀さまかもしれませんね」
「なにを、ばかな事を」
と、言いつつ、和尚さんが本堂に行ってみると、たしかに阿弥陀さまの口元はアンコだらけです。
 もちろん、一休さんの仕業(しわざ)です。

くわん、くわん

(ははーん。
 これは、一休の仕業だな。
 またとんちでごまかすつもりだろうが、そうはいかんぞ)
 一休さんの仕業と気づいた和尚さんは、
「阿弥陀さま。
 ぼたもちを盗んだのは、阿弥陀さまですか?
 答えてくだされ」
と、言って、阿弥陀さまの頭をコツンとたたきました。

くわん、くわん

 すると、阿弥陀さまが、
♪くわ〜〜ん
と、鳴りました。
 何度たたいても、
♪くわ〜〜ん、♪くわ〜〜ん
と、鳴ります。
 和尚さんは一休さんたちに向き直ると、怖い顔で言いました。
「ほれみろ。
 阿弥陀さまは、『食わん』とおっしゃっておるぞ。
 やはり犯人は、お前たちだな!」

くわん、くわん

  和尚さんは、
(ついに一休から、一本とったぞ)
と、内心喜んでいましたが、そんな事でやられる一休さんではありません。
 一休さんは、ますますとぼけた口調で、
「あれ?
 たたいたくらいでは、白状(はくじょう)しませんね。
 こうなれば、阿弥陀さまをかまゆでにしてみましょう」
と、言って、煮えたったかまの中に、阿弥陀さまをつけたのです。

くわん、くわん

  すると阿弥陀さまは、
♪くった、くった、くった
と、あわをふきました。
「ほらね。あみださまが『食った、食った』と、白状したでしょ」
 これには、和尚さんも返す言葉がなく、

くわん、くわん

「確かに、お前の言う通りだ」
と、答えるしかありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     11月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
緑のおばさんの日
きょうの誕生花
吾木香(われもこう)
きょうの誕生日・出来事
1949年 松崎しげる(シンガー)
恋の誕生日占い
リーダーの素質があり、クラスをまとめる優等生
なぞなぞ小学校
田んぼの横でひろった糸はどんな糸?
あこがれの職業紹介
パラリーガル
恋の魔法とおまじない 324
幸運を呼び込むおまじない
  11月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
くわん、くわん
きょうの世界昔話
やさしい子どもと山の神
きょうの日本民話
友だちにあげたリンゴ
きょうのイソップ童話
ヤギとブドウの木
きょうの江戸小話
怒る男
きょうの百物語
光る玉
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識