福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 11月の日本民話 > 友だちにあげたリンゴ

11月19日の日本民話

友だちにあげたリンゴ

友だちにあげたリンゴ
福岡県の民話福岡県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
林檎の折り紙りんご

 むかしむかし、あるところに、四人の男の子を持つお百姓(ひゃくしょう)さんがいました。
 一番上の子どもの名前は太郎、二番目は次郎、三番目は三郎、四番目は四郎です。

 ある日の事、お百姓さんが町へ行くと、とても大きなリンゴが売っていました。
「話しには聞いた事があるが、これがリンゴというものか」
 リンゴを初めて見たお百姓さんは、そのリンゴを七つ買って子どもたちのおみやげにしました。
 太郎と次郎と三郎は、リンゴを二つずつもらいました。
 四郎はまだ小さいので、一つだけです。

 さて次の晩、お百姓さんは子どもたちを集めて、リンゴの事を聞きました。
「四郎や、リンゴはどうした?」
 すると四郎は、ニッコリ笑って言いました。
「みんな、食べちゃった。とっても、おいしかったよ」
 その言い方がとてもかわいかったので、みんなはどっと笑いました。
「では、太郎はどうした?」
「ああ、おらも食べたが、リンゴのタネをちゃんと取ってある。おら、そのうちリンゴの木をつくるんだ」
 それを聞いて、お百姓さんは喜びました。
「なるほど、お前はわしのあとをついで、立派なお百姓になれるぞ」
「えへへへ」
 お父さんにほめられて、太郎もうれしそうです。
「それで次郎、お前はどうした?」
「うん、友だちに見せると欲しがったから、売ってやったよ。すごくもうかった」
「なんだ、食べずに売ってしまったのか。・・・お前は百姓よりも、商人が向いているな」
 お百姓さんは、少しガッカリです。
「ところで、三郎はどうした?」
「うん、・・・・・・」
 気が弱くておとなしい三郎は、何も言いません。
 それでもお百姓さんが何度もたずねるので、三郎は小さな声で言いました。
「みんな、あげちゃった」
「なに、あげてしまっただと?! せっかく、おみやげに買ってきてやったのに。いったい、誰にあげたんだ?!」
 お百姓さんが大きな声を出したので、三郎は泣きそうな顔で言いました。
「友だちが、病気で寝ているの。だからその友だちに、持っていってあげたんだ。でも友だちはもったいないと言って食べてくれないので、まくらもとへ置いてきた」
 それを聞いたお百姓さんは、思わず三郎を抱き寄せて頭をなでました。
「よくやった! えらいぞ、三郎」
 それから他の兄弟たちに向かって、こう言いました。
「リンゴを、食べるのもいい。
 リンゴの種を植えて、リンゴを育てるのもいい。
 リンゴを売って、金もうけをするのもいいだろう。
 だがお前たち、三郎のように人を思いやる気持ちを絶対に忘れてはいけないよ」

おしまい

前のページへ戻る


     11月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
緑のおばさんの日
きょうの誕生花
吾木香(われもこう)
きょうの誕生日・出来事
1949年 松崎しげる(シンガー)
恋の誕生日占い
リーダーの素質があり、クラスをまとめる優等生
なぞなぞ小学校
田んぼの横でひろった糸はどんな糸?
あこがれの職業紹介
パラリーガル
恋の魔法とおまじない 324
幸運を呼び込むおまじない
  11月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
くわん、くわん
きょうの世界昔話
やさしい子どもと山の神
きょうの日本民話
友だちにあげたリンゴ
きょうのイソップ童話
ヤギとブドウの木
きょうの江戸小話
怒る男
きょうの百物語
光る玉
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識