福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 11月の百物語 > 光る玉

11月19日の百物語

光る玉

光る玉

 むかしむかし、ある町に、とても欲の深い和尚(おしょう)さんがいました。

 ある日の事。
 和尚さんが壇家(だんか→むかしから付き合いのある家)のおつとめに行って、帰りが遅くなりました。
 檀家に帰りのカゴ代をもらっていたのですが、欲の深い和尚さんはお金がもったいないと、一人で夜道をトコトコ歩いて帰りました。
 壇家でごちそうになったお酒に酔って、和尚さんはとてもいい気持ちです。
 和尚さんが代宮橋(だいかんばし)まで帰って来ると、橋の手すりの上にピカリと光る物があります。
 見れば、とても美しい玉です。
「こりゃあ、けっこうなおさずけ物があるわい。さっそく、頂いて帰るか」
 和尚さんがその光る玉をつかもうとすると、光る玉はコロコロ転がって、先の方で止まりました。
「これこれ、勝手に転がるでない。傷がついたらどうする」
 和尚さんがそばに行って拾おうとすると、光る玉はまたコロコロ転がって先に進みます。
「これ、待てと言うに」
 光る玉は転がりながら水たまりや泥の中にも入りましたが、不思議な事に少しも汚れずに転がっていきます。
「何とも、不思議な玉じゃ」
 和尚さんは、ますますその光る玉が欲しくなって追いかけました。
 そして追いかけていくうちに、檀家からもらったおふせ(→お金)も、ごちそうのおみやげも、大事にしているじゅずも、みんな落としてしまったのです。
 でも、和尚さんはあきらめません。
「これ、待てと言うに」
 やがて町の人たちが、ふーふーと言いながら光る玉を追いかける和尚さんを見て言いました。
「それ。みんなで和尚さんを、手伝ってやれ」
 和尚さんと町の人たちは、みんなして光る玉を追いかけました。

 やがて光る玉は町はずれの百姓(ひゃくしょう)家の庭へ転がり込み、破れた障子(しょうじ)の穴から家の中へ飛び込んで行きました。
「それっ!」
 みんなが百姓家に入ると、中で寝ていた百姓の大きく開いた口に光る玉が飛び込んで行くところでした。
「これ、これ。大事な玉を食いおって! これ、・・・えい、起きんかい!」
 和尚さんは百姓をゆさぶり起こすと、百姓に言いました。
「こら! 今食ったわしの大事な光る玉を吐き出せ!」
 すると百姓は、目をパチパチさせて言いました。
「わしは、何も食いはせんぞ。今、やっとの事で、家へ戻って来たとこですわい」
「なに? 家へ戻ったところじゃと?」
「へえ。家で寝ていたはずなのに、気が付いたら代官橋(だいかんばし)にいて、和尚さまをはじめ大勢に追いかけられたので、逃げて逃げて、何とか家に戻ったところですわい。ほれ、まだ胸がドキドキしとります」
 百姓に逃げて来た道順を聞いてみると、和尚さんが光る玉を追いかけた道順と全く同じでした。
「さては、わしは代官橋からここまで、百姓の魂を追いかけて来たのか」
 それを聞いて一緒に追いかけて来た町の人たちがくすくすと笑い出したので、和尚さんはきまりが悪くなって頭をかきながらお寺に帰っていきました。

 でもその後、お寺の小僧たちに、
「百姓の魂ってものは、きれいなもんじゃ」
と、言っていたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     11月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
緑のおばさんの日
きょうの誕生花
吾木香(われもこう)
きょうの誕生日・出来事
1949年 松崎しげる(シンガー)
恋の誕生日占い
リーダーの素質があり、クラスをまとめる優等生
なぞなぞ小学校
田んぼの横でひろった糸はどんな糸?
あこがれの職業紹介
パラリーガル
恋の魔法とおまじない 324
幸運を呼び込むおまじない
  11月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
くわん、くわん
きょうの世界昔話
やさしい子どもと山の神
きょうの日本民話
友だちにあげたリンゴ
きょうのイソップ童話
ヤギとブドウの木
きょうの江戸小話
怒る男
きょうの百物語
光る玉
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識