福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 >うめの実

11月23日の日本の昔話

うめの実

うめの実
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とてもゆかいな人がいました。

 きっちょむさんが時々町へ何かを売りに行く途中の村に、三太郎という、とてもわんぱく小僧がいました。
 この三太郎にだけは、さすがのきっちょむさんのとんちも効き目がなく、いつもきっちょむさんにちょっかいを出してきます。
 今日もきっちょむさんが町に行っての帰り道、この村にさしかかると、三太郎が梅の木の上に隠れていて、きっちょむさんの頭に梅の実をぶつけてきました。
 いつもだったら、きっちょむさんが叱りつけ、そして三太郎が逃げて行くの繰り返しですが、今日のきっちょむさんはいつもとは違い、梅の実を投げつけた三太郎を見上げて、にっこり笑うと、
「や、三太郎か、これはどうもありがとう。おかげで、明日は良いことがあるだろう。さあ、これお礼だよ」
と、財布から三文を取り出して、梅の木の根元に置いたのです。
 すると三太郎は、不思議そうな顔で、木の上から言いました。
「やい、きっちょむさん! 何だって、お金をくれるんだ!」
「おや? お前、知らないでやったのか? 今、お前がぶつけたのは梅の実だろう。だから、これは、『ウメエ事にぶつかる』という前ぶれで、とても縁起がいいんだよ。こんな事をされたら、誰だって喜んで、お金をくれるにちがいないさ」
 きっちょむさんがまことしやかに言ったので、三太郎はすっかり信じてしまいました。

 さて、その次の日の事。
 きっちょむさんがまた町へ行こうと、この村にさしかかると、道ばたで三太郎が遊んでいました。
「おい、三太郎」
 きっちょむさんが声をかけると、三太郎は、どんどん逃げていきます。
 そして、遠くから言いました。
「おい、きっちょむさん! 昨日は、お前のおかげでひどい目にあったんだぞ」
「ほう、どうしたんだい?」
「お前が言ったすぐあとで、お侍さんが通りかかったので、お金をもらおうと、梅の実をぶつけたんだ。すると、お侍さんが『手打ちにする!』と言って、怒ったんだよ」
「はっはっはっ。それは大変だったな。でもそれで、ちっとはこりただろう?」
「ああ、そのお侍さんは、悪者をしばるお役人で、またこんないたずらをしたら、次は牢屋に入れると言っていた。だから、もう悪さはよしたよ」
「そうか、それは感心感心。今日はほうびに、町から菓子を買ってきてやるぞ」
 きっちょむさんがこう言うと、三太郎は首を大きく横に振って、
「いらない。いらない。お前から物をもらうと、また、ひどい目にあうからな」
と、逃げてしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
勤労感謝の日
きょうの誕生花
蜜柑(みかん)
きょうの誕生日・出来事
1988年 宮澤 エマ (タレント)
恋の誕生日占い
考えのしっかりした優等生
なぞなぞ小学校
虫が絵をかいたら、何になる?
あこがれの職業紹介
法務
恋の魔法とおまじない 328
お姑さんと仲良くなるおまじない
  11月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
うめの実
きょうの世界昔話
悪魔のすすだらけ兄弟
きょうの日本民話
親孝行な娘
きょうのイソップ童話
モミの木とイバラ
きょうの江戸小話
風穴
きょうの百物語
山ナシ取り
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識