福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 12月の日本昔話 >娘の助言

12月3日の日本の昔話

娘の助言

娘の助言
山形県の民話山形県の情報

♪音声配信(html5)
音声 hino

 むかしむかし、ある長者が一人娘に良い婿(むこ)を迎えようと考えて、こんな立て札を立てました。
《娘婿を、求めている。
 身分や家柄は、一切問わぬ。
 勇気があり、勘の良い者を求めている。
 我こそはと思う者は、集まるように。
 例え婿に選ばれなくとも、来た者には金一分(きんいちぶ)をやろう》
 それを見た一人の若者が、飛び上がって喜びました。
 この若者は前々から長者の娘が好きだったのですが、身分が違い過ぎるとあきらめていたのです。

 さて、大金持ちで美しい娘の婿になれるとあって、あちこちから大勢の若者が長者の家に集まって来ました。
 長者は、若者たちに言いました。
「これから、婿選びの試験を行う。
 裏山から松の木を転がすから、下で見事受け止めてみよ。
 死ぬかもしれんから、怖い者はこの場を立ち去れ」
 見てみると、裏山には大人が三人でも抱え切れないような、太い松の木の丸太が用意されています。
 それが急な裏山の斜面を転がって来るのですから、失敗すれば間違いなく死んでしまいます。
「あの、おれやめます」
「おれも、まだ死にたくないから」
「おれも、おれも」
 そう言って集まってきた若者のほとんどが、金一分をもらって帰っていきました。
 残ったのは二人の男と、長者の娘の事が好きな若者の三人です。
「それでは、試験をはじめるぞ」
 一人目の男は、転がってくる丸太を軽そうに受け止め、次の男も何とか受け止めました。
 そして三人目の若者は、丸太転がしの用意の出来る間、長者の家の裏側でふるえていました。
「どうしよう。下手をすると、死んでしまうぞ。お嬢さんとは結婚したいが、死んでしまっては結婚どころではないし」
 するとどこからか、こんな子守唄が聞こえてきました。
♪裏山からの、松の木は
♪紙で作った、偽物よ
  それを聞いた若者は、
(なんだ。紙なら、どうって事はない)
と、なんなく丸太を受け止めました。

 この試験では娘婿が決まらなかったので、次に長者は俵(たわら)を二つ下男に持ってこさせて、三人に言いました。
「この二つの俵の中には何がどれほど入っているか、俵に触れる事なく言い当ててみよ」
 さっきの丸太転がしでは勇気を、そして今度は勘の良さを試そうと言うのです。
 一人目の男は当てずっぽうを言って間違え、次の男も当てることが出来ませんでした。
 若者は順番を待つ間、また家の裏側へ行って、
「どうしよう? さっぱりわからん」
と、考えていると、また子守唄が聞こえてきました。
♪俵の中身は、アワとキビ
♪入っているのは、一斗と五升
 それを聞いた若者は、喜んで長者の前に行くと、
「俵の中にはアワとキビが、一斗五升づつ入っています」
と、答えました。
 すると見事に正解で、若者は長者の娘婿に選ばれたのです。

 そして祝言が終って嫁さんになった娘が若者に言うには、実は嫁さんも前から若者の事が好きで、あの子守唄は嫁さんが手伝いの娘に歌わせたのだという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     12月 3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
奇術の日
きょうの誕生花
ネフロレピス(Nephrolepis exaltata)
きょうの誕生日・出来事
1976年 岡本知高 (オペラ歌手)
恋の誕生日占い
笑顔がとてもチャーミングで、見た目は完全にお嬢様
なぞなぞ小学校
重い物に力を加えると、どうなる?
あこがれの職業紹介
経営コンサルタント
恋の魔法とおまじない 338
新しい出会いのチャンス
  12月 3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
娘の助言
きょうの世界昔話
運の良い男
きょうの日本民話
サルと槍使い
きょうのイソップ童話
ヒバリ
きょうの江戸小話
こまったくせ
きょうの百物語
番町皿屋敷
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識