福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 12月の日本昔話 > ウサギと太郎

12月11日の日本の昔話

ウサギと太郎

ウサギと太郎

♪音声配信(html5)
音声 ぬけさくのいちねん草紙

 むかしむかし、ささ山とよばれる山に、おじいさんと孫の太郎が住んでいました。
 このささ山には、尻尾が長くて大きなウサギがいます。

 ある日、山へ出かけるおじいさんが太郎に言いました。
「夕方には帰ってくる来るから、おかゆをつくって待っててくれ」
「うん、わかった」
 太郎はおじいさんを見送ると、おかゆを作るなべを洗い始めました。
 するとその音に気づいたウサギが、
「おや? なべを洗っているのか。という事は、今から飯を作るんだな。よしよし、飯が出来上がるまで、ひと眠りだ」
と、横になって昼寝をはじめました。

 さて、夕方になるとおかゆも出来あがり、いいにおいがしてきました。
 ウサギは飛び送ると、太郎の家へ行って言いました。
「太郎、何をしているんだ?」
「ああ、おかゆをつくっているんだよ」
「おかゆ? うまいんか、そのおかゆってのは?」
「そりゃあ、うまいよ」
「なら、ちょっと食わせてくれや」
「だめだめ、そんな事をしたら、じいさまに怒られる」
「なあ、ちょびっとだ、ほんのちょびっとだけだ。おら、おかゆってのを食ってみてえよ」
 ウサギがあんまりしつこいので、太郎はしかたなくなべをウサギに渡しました。
「じゃあ、ほんのちょびっとだぞ」
 するとウサギは、うれしそうにおかゆを食べ始め、
「あち、あち、あちいがうまい、いやあ、うまい! じつにうまい! ほんとうにうまい! ああ、うまかった。じゃあ、さいなら」
と、ウサギはなべを返すと、あっという間に山へ帰ってしまいました。
 太郎がなべの中を見ると、なんと空っぽです。
 こうしてウサギは太郎をだまして、おかゆをみんな食べてしまいました。

 おじいさんが山から帰って来ると、太郎はなべをかかえてションボリしています。
「太郎、おめえ、なべをかかえて何をしてるだ?」
「あっ、じいさま。実は、ウサギにおかゆを全部食われちまっただ」
「なんと・・・」
 これには、おじいさんもガッカリです。

 翌朝、おじいさんは山へ出かける前に、太郎に言いました。
「太郎、今日はウサギに、おかゆを食われるでねえぞ」
「うん、大丈夫だ」
 太郎ははりきって、おかゆを作りはじめました。
 そしてタ方になると、またウサギがやって来ました。
「あっ、お前の昨日の! やい、お前に食わすおかゆはないぞ! とっとと帰れ!」
 するとウサギは、まじめな顔をして言いました。
「太郎! そんな事を言ってる場合じゃないぞ! お前のじいさまが、山で倒れたんだ!」
「えっ! 本当か!? そりゃあ大変だ!」
 太郎はあわてて、山ヘ走って行きました。
 するとその後ろ姿を見送りながら、ウサギはニンマリです。
「ウッヒヒヒヒ、うまくいったぞ」

「じいさま、待っていろよ!」
 太郎が山を登って行くと、ちょうどおじいさんが山からおりて来るところでした。
「これ太郎。そんなにあわてて、どこへ行くんじゃ?」
 元気なおじいさんを見た太郎は、自分がだまされた事に気づきました。
「しまった!」
 おじいさんと太郎が大急ぎで家に戻ってみると、おかゆのなべが空っぽになっていました。
 またウサギに晩ご飯をを食べられてしまった二人は、お腹が空いたままふとんにもぐり込みました。

 そしてまた次の日、太郎がおかゆをつくっていると、
「太郎さん」
と、またウサギがやって来ました。
「また来たなっ! もうかんべんならねえ、ウサギ汁にしてやる!」
 人の良い太郎も、さすがに怖い顔です。
 するとウサギは、ペコペコと頭を下げて言いました。
「まっ、待ってください。今日は、あやまりに来たんです。本当に、すまん事です」
 そんなウサギを見て、やさしい太郎はウサギを許してやりました。
「よし、許してやるから、とっとと山へ帰れ」
「いや、それではおらの気がすまねえ。じいさまに、これをやってくれ。これは不老長寿(ふろうちょうじゅ)の薬じゃ」
 ウサギはそう言うと、竹の水筒を太郎に渡しました。
「ふろうちょうじゅって?」
 首をかしげる太郎に、ウサギは言いました。
「お前、じいさまに長生きしてほしいだろ。これは、長生きの薬なんじゃ」
「本当か?」
「もちろんだ。でもこの薬は、すぐになべで煮ないとだめなんだ」
「なべ? お前、うまい事を言って、またおかゆを食うつもりじゃろ?!」
「何を言っているんだ。太郎、お前はじいさまに長生きしてほしくねえのか?」
「そりゃあ、長生きしてほしいが」
「そうだろう。さあ、おらがなべを空っぽにしてやるから、早くその薬を煮込むんだ」
 そう言うとウサギは、またまたおかゆをたいらげてしまいました。

 やがておじいさんが山から帰って来ると、太郎はうれしそうに不老長寿の薬の事を話して、さっそくなべで煮た薬をおじいさんに差し出しました。
「さあ、じいさま。これ飲んで長生きしてくれ」
「ああ、だが、変な色合いじゃのう。それに、においも少々」
 おじいさんは首をかしげながら、一口飲んでみました。
 そして目を白黒させると、おじいさんは飲み込んだ物をはき出しました。
「うえ〜っ! なんじゃ、こりゃあ! これは、ウサギのしょんべんでねえか!」
 怒ったおじいさんは、太郎に言いました。
「太郎! まきを切るナタを持って来い! 今からウサギを、ひどい目にあわせてやる!」

 山では、おかゆをお腹いっぱい食べたウサギが、草むらで大きくなったお腹をさすっていました。
「ああ、今日も食った食った。さて、明日はどうやって太郎をだましてやろうか」
 するとそこへ、ナタを振り上げたおじいさんがやって来たのでビックリ。
「やばい、じいさまだ!」
 ウサギは、あわてて逃げ出しました。
「このウサギめ! よくもしょうべんを飲ませたな! ウサギ汁にしてやるからな! えいっ! とうっ!」
 おじいさんはナタをふりまわしながらウサギを追いかけますが、ウサギは素早くピョンピョン飛んで、おじいさんをからかいました。
「やーい、じいさま、年じゃのう。くやしかったら、つかまえてみろ」
「このー! これでもくらえっ!」
 おじいさんはウサギめがけて、ナタを投げつけました。
 ウサギはピョンと飛びはねてナタをよけましたが、長い尻尾だけはよけそこなって、ナタでスパッと切れてしまいました。
「・・・ああっ! いてっ! いてっー!」
 尻尾を切られたウサギはあまりの痛さに、何日も何日も山の中を泣きながら走りまわりました。
  そのためにウサギの目は泣きすぎて赤くなり、足も走りすぎて前足と後ろ足の長さが違うようになってしまいました。
 それからです、ウサギの尻尾が短く、目が赤くて後ろ足が長くなったのは。

おしまい

前のページへ戻る


     12月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
百円玉の日
きょうの誕生花
極楽鳥花(ごくらくちょうか)
きょうの誕生日・出来事
1958年 宮崎美子(女優)
恋の誕生日占い
裏表の無い性格で、高い母性を持っています
なぞなぞ小学校
虫が見ている貝は?
あこがれの職業紹介
国連スタッフ・国際公務員
恋の魔法とおまじない 346
好きな人と一緒に帰れるおまじない
  12月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウサギと太郎
きょうの世界昔話
ジョヴァンニーノのおかしなおじさん
きょうの日本民話
カッパの贈り物
きょうのイソップ童話
月の女神と母親
きょうの江戸小話
ころぶ
きょうの百物語
雪の夜泊まり
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識