福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 12月の日本昔話 >ウサギの目が赤いわけ

12月23日の日本の昔話

ウサギの目が赤いわけ

ウサギの目が赤いわけ
大阪府の民話大阪府情報

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、ウサギには、とても立派な角がありました。
 ウサギはこの角が自慢で、外へ出かける時はいつも角を頭の上に乗せていました。
「えへん。どうだい、この角は。きみたちには、こんな立派な角はないだろう」
 ウサギは他の動物に会うと、いつも大いばりです。

 ある日の事、いつもの様にウサギが頭に角を乗せて歩いていると、反対側からシカがやってきました。
 その頃のシカには、まだ角がなかったのです。
 ウサギはさっそく、シカに自慢をしました。
「シカくん、きみはぼくよりも体が大きいが、こんな立派な角はないだろう」
「・・・・・・」
 いくら自慢をされても、角のないシカには言い返す事が出来ません。
(いいなあ。ぼくにも、あんな立派な角があったらなあ)
 シカは、ウサギがうらやましくなりました。
 そこでシカは、ウサギに言いました。
「ほんとうに、立派な角だね。すごいよ。・・・ねえ、ちょっとだけ、ちょっとだけでいいから、貸しておくれよ」
 そう言われると、ウサギはうれしくなりました。
「うーん。大事な角だが、そこまで言うのなら、ちょっとぐらいなら貸してやってもいいかな。はい」
 ウサギが頭の角を外してシカに貸してやると、シカはウサギの角をしげしげとながめました。
(いいなあ、いいなあ、ほしいなあ〜)
 見れば見るほど立派な角なので、シカは角がほしくてほしくてがまんできません。
 そこでシカは、ウサギに言いました。
「ああ、なんて素敵な角だろう。ねえ、お願いだから、ぼくにもちょっとかぶらせてくれないか。ほんのちょっと、ちょっとだけでいいんだ」
 シカがあんまりうらやましそうに言うので、ウサギはますますうれしくなりました。
「うーん。大事な角だが、ちょっとだけなら、かぶらせてやってもいいかな」
 ウサギは角を、シカの頭にかぶらせてやりました。
「どうだい、気分は?」
「うん、いいよ、いいよ! まるで、王さまになった気分だ!」
 シカはうれしそうに首をふって、川のふちへ行きました。
 そして川にうつる自分の姿を見て、シカはうっとりです。
「ウサギさん、どうだい。ぼくにも角が、似合うとは思わないかい?」
「まあまあだね。だけど、ぼくほどは似合わないよ」
「いいや、この角は、ぼくにぴったりなんだ!」
 シカはそう言うと、いきなり川へ飛び込みました。
「あっ、こら!」
 びっくりしたウサギはシカに文句を言いましたが、シカは向こう岸へ上がると、あかんべぇーをしながら言いました。
「やーい、返して欲しければ、ここまでおいで」
「なっ、なんだとー!」
 でもウサギは泳げないので、向こう岸へ渡る事が出来ません。
「こら、返せ! 返さないと、ひどいぞ!」
 ウサギは大声で言いましたが、シカはそのまま山の中へと逃げてしまいました。
「あーん、ぼくの角、ぼくの角が・・・」
 それからというもの、ウサギは泣きながら毎日シカを探して回りました。
 でもどうしても、あのシカを見つける事は出来ませんでした。
「あーん、ぼくの角、ぼくの角・・・」
 ウサギはあんまり泣きすぎたので、目がまっ赤になってしまったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     12月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
テレホンカードの日
きょうの誕生花
オリーブ(Olive)
きょうの誕生日・出来事
1993年 小島 瑠璃子 (タレント)
恋の誕生日占い
頭が良くて落ち着いた優等生
なぞなぞ小学校
先生の真似をする県は?
あこがれの職業紹介
宇宙開発技術者
恋の魔法とおまじない 358
好きな人の浮気心を封じるおまじない
 12月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウサギの目が赤いわけ
きょうの世界昔話
ネズミの尻尾
きょうの日本民話
年の市
きょうのイソップ童話
ツグミ
きょうの江戸小話
貧乏浪人
きょうの百物語
産女(うぶめ)にもらった怪力
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識