福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 1月の百物語 > 大うなぎのたたり

1月12日の百物語

大うなぎのたたり

大うなぎのたたり
東京都の民話東京都情報

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)に、うなぎの大嫌いな左官屋(さかんや)がいました。
 左官屋というのは、家の壁を塗る職人の事です。
 この左官屋は仕事に行って、うなぎのかば焼きを出されたりすると、見ただけで気分が悪くなってしまうのです。
 左官屋仲間からは、
「もったいない。せっかくのごちそうを」
と、かげぐちを言われます。
 ですが左官屋には、どうしてもうなぎを食べられない訳がありました。
 実は、この左官屋は、以前はうなぎ屋の婿(むこ)だったのです。

 ある日の事、この婿は奥さんの父親である店の主人と一緒に、うなぎの買い出しに出かけました。
 活きの良いうなぎが手に入り、にこにこしながら家に戻って来た二人は、いけすのかごへうなぎを入れようとして、大変大きなうなぎが二匹いる事に気づきました。
「おかしいな? さっき買った時は、こんなうなぎはいなかったよな」
「はい。確かに、こんなでっかいうなぎなんて、いませんでしたよ」
 婿も不思議に思いながらも、にっこりと笑って言いました。
「でも、いいじゃないですか。
 ほら、よく来るお客で、でっかいうなぎが好きな人がいるでしょう。
 あのお客が来るまで、とっておきましょうよ」
「そうだな。あの人なら、きっと喜ぶだろう」

 次の日、大きなうなぎの好きな客が、仲間を連れてやって来ました。
 主人が昨日のうなぎの話をすると、客は大喜びです。
「では、すぐに焼いてくれ」
「はい」
 主人はさっそく、いけすのかごの中から、特別に大きなうなぎを一匹捕まえてきました。
 ところがどうしたわけか、うなぎの頭に、うまくきりを刺す事が出来ません。
「おかしいな? もう何十年も、この仕事をやっているのに」
 そしてやっと刺したと思ったら、あやまって自分の左手を刺してしまったのです。
「あいた! すまないが、代わりにやってくれ」
「はい」
 そこで料理を代わった婿が、左手でうなぎを押さえつけようとすると、うなぎがくるくると腕に巻き付いて、ものすごい力でしめつけてきます。
 巻き付かれた腕がしびれて、きりを刺すどころではありません。
「なるほど、こいつはすごいぞ。とても、わたしの手にはおえない」
 しかし今さら、客に料理を断るわけにもいきません。
 困り果てた婿は、思わずうなぎに言いました。
「これ、うなぎ。
 いくら暴れても、お前は人に食われるより仕方がないのだ。
 頼むから、わたしにさかれておくれ。
 もし言う事を聞いてくれたら、二度とこんな仕事はしないから」
 すると、どうでしょう。
 あれほど暴れていたうなぎが、ぴたりと動かなくなったのです。
「ありがてえ。今のうちだ」
 婿は急いでうなぎの頭にきりを突き刺し、お腹をさいて料理をしました。
「はい、お待たせしました」
 ところが客たちは、焼きあがった大うなぎを食べたとたんに、気分が悪くなりました。
「何だ。このかば焼きは!」
「全く! おれたちを殺そうというのか!」
「ここへは、二度と来るものか!」
 客たちは怒って、店を飛び出していきました。

 さて、その日の真夜中。
 裏の川の方から、
 きゅっきゅっ。きゅっきゅっ。
と、おかしな鳴き声がします。
 不思議に思った婿が起きて見に行くと、鳴き声は、いけすのかごの中から聞こえて来るではありませんか。
「はて? うなぎの鳴き声にしては大きすぎるが」
 婿が思い切って、かごのふたを取ってみると、何と何百匹といううなぎがヘビの様にかま首をもたげて、こっちをにらんでいるではありませんか。
「うぎゃあーっ!」
 婿はそれっきり、気を失ってしまいました。
「何だ! どうした!」
 その声を聞いてかけつけて来た店の主人も、恐ろしいうなぎの姿を見てびっくりです。
「う、う、うなぎの化け物だ!」
 そのとたん、うなぎは次々とかごの中から飛び出して、かま首をもたげたまま川をくだっていったのです。

 やがて気がついた婿は、もう二度とうなぎを見たくないと思いました。
 それに、殺したうなぎとの約束を思い出すと、じっとしてはいられません。

 次の日の朝、婿はだまって店を飛び出して、親戚の家へ逃げて行きました。
 こうして一年ばかり過ぎた頃、婿のところへ主人の店の小僧が来て、
「大旦那さまが、病気で死にそうです。早く帰ってください!」
と、言うのです。
 仕方なく店へ行ってみると、店はあいかわらずはんじょうしていました。
 店をとりしきっているのは、おかみさんと若い男で、自分の旦那が来たというのに、おかみさんは全くの無視です。
「仕方ないな。あいつを捨てて、だまって飛び出したのだから」
 婿はあきらめて、主人のところへ行きました。
 主人は枯れ木の様にやせおとろえた姿で、薄い布団に寝かされていました。
 しかもそこは納戸(なんど→物置部屋)で、日も当たらず、婿を迎えに来た小僧が一人で看病しているというのです。
「実の親をこんなところへ押し込むとは、なんてひどい娘だ!」
 婿はかんかんに腹を立てると、すぐ主人を座敷へ移して医者を呼びました。
 しかし主人は、もう薬を飲む事も出来ません。
「どうして、こんな体になったのだ?」
 小僧にたずねると、小僧は首を横に振りながら言いました。
「原因はわかりませんが、 あの大うなぎを殺した日から、急に寝込んでしまわれたのです。
 あれから一言もしゃべる事が出来ず、うなぎみたいに下あごをふくらませて、ぱくぱくと息をするだけです。
「・・・これはきっと、大うなぎのたたりに違いない」
 婿はお坊さんに頼んで、殺した大うなぎのために、お経をあげてもらいました。
 でも、そのかいもなく、主人は間もなく死んでしまいました。

 それから婿は主人の葬式をすませたあと、正式にこの家を出て左官屋になったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     1月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
スキーの日
きょうの誕生花
ラケナリア(Lachenalia)
きょうの誕生日・出来事
1986年 イモト アヤコ (タレント)
恋の誕生日占い
ボランティア精神が高く、人の為に頑張る
なぞなぞ小学校
はく事は出来るのに 脱ぐ事は出来ない物は?
あこがれの職業紹介
バーテンダー
恋の魔法とおまじない 012
好きな人とおしゃべりが出来るおまじない
  1月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
クッカルとカラス
きょうの世界昔話
ホジャおじさんのだまし勝負
きょうの日本民話
キツネの恩返しA
きょうのイソップ童話
ハエたち
きょうの江戸小話
焼き氷
きょうの百物語
大うなぎのたたり
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識