福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 2月の百物語 > 血まみれの女の生首

2月23日の百物語

血まみれの女の生首

血まみれの女の生首

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「櫻井園子」  櫻井園子エス代表

 むかしむかし、殿さまの屋敷に家来たちが集まって、お月見をしていました。
 雲ひとつない空に輝く月は、仲秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)ならではの美しさです。
 誰もが時のたつのも忘れて酒をくみかわしていると、ふいに築山(つきやま→庭園などに築いた小さな山)の上からころころと転がって来る物がありました。
「おや? なんだ? ・・・!!!」
 みんなが目をやると、なんとそれは、たった今、切ったばかりの様に血のしたたる女の生首だったのです。
「いったい、誰が!」
「なんと、むごい事を」
 何人かの若い侍たちが刀を持って立ち上がるのを、年寄りの侍が止めました。
「あわてるでない! おそらくこれは、タヌキの仕業であろう。わしが今、正体をあばいてやる」
 年寄りの侍は床の間にある弓を取ると、矢をつがえるなり女の生首めがけて矢を放ちました。
 ヒュッ!
 矢は見事に生首のひたいを打ち抜いたのですが、そのとたん、生首は煙の様に消えてしまいました。
「なるほど、やはりタヌキの仕業であったか」
「それにしても、 タヌキにしては大した化けっぷりじゃ」
 家来たちが感心していると、築山の上に再びさっきの生首が現れました。
「おのれ、こしゃくな」
 年寄りの侍が、再び弓を取って矢を放ちました。
 今度も矢は生首のひたいを打ち抜きましたが、生首はそのまま消えてしまいました。
「タヌキのやつ、何ともしつこい」
 そうこうする間にあたりが明るくなりはじめていたので、侍たちは生首が現れた築山のあたりを調べてみましたが、どこにも変わった様子はありません。
 その日は一日中、女の生首に化けたタヌキの話でもちきりでした。

 夜になると、また家来たちが集まって来て、女の生首の話をさかなに酒をくみかわしはじめました。
「矢にうたれながら二度も出て来るとは、タヌキも大したやつだな」
「ああ、しかしいくらなんでも、もう出ては来ないだろう。今頃はどこかで、タヌキの正体を現して死んでいるはずだ」
 話し合っているうちに、すっかり夜もふけたので、家来たちが引き上げようとした時、またしても築山の上から血まみれの女の生首が転がってきました。
 しかも驚いた事に、昨日の二本の矢が突き刺さったままです。
「・・・・・・」
「・・・・・・」
 さすがの家来たちもびっくりして、その場に立ちすくんでしまいました。
 するとそこへ、殿さまがやって来ました。
 殿さまは有名な弓の名人で、その腕前は飛んでいる鳥を百発百中で射落とすほどです。
「なんだ、うわさのタヌキが化けた女の生首というのは、あれか」
 築山の下に転がっている生首をしばらく見つめていた殿さまは、年寄りの侍に言いました。
「あの生首は、偽物だ。本物は、生首の下に隠れている」
「かしこまりました」
 年寄りの侍は、生首の下の地面めがけて矢を放ちました。
 ヒュッ!
 すると、
「グギャーーー!」
と、すさまじい叫び声とともに生首が暴れ出し、やがてそのまま動かなくなりました。
「それっ」
 一同が庭に飛び降りて生首のそばへ駆け寄ってみると、そこには生首ではなく二本の矢が刺さったカボチャが一つ転がっていて、その横に一匹の古ダヌキが、のどを射抜かれて死んでいたのです。

おしまい

前のページへ戻る


     2月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
天皇誕生日
きょうの誕生花
沈丁花(じんちょうげ)
きょうの誕生日・出来事
1986年 三倉茉奈 (女優)
恋の誕生日占い
まじめな優等生で、よく考えてから行動します
なぞなぞ小学校
晴れた日には出てこない鳥は?
あこがれの職業紹介
バレリーナ
恋の魔法とおまじない 054
言い伝え、切れた靴紐
  2月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
拾った財布
きょうの世界昔話
かしこいグレーテル
きょうの日本民話
大飯食らいは損をする
きょうのイソップ童話
山賊とクワの木
きょうの江戸小話
負け惜しみ
きょうの百物語
血まみれの女の生首
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識