福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 3月の百物語 > すっとぴカゴ

3月11日の百物語

すっとぴカゴ

すっとぴカゴ
大阪府の民話大阪府情報

 むかしむかし、ある秋の夕ぐれの事です。
 村はずれの松の老木(ろうぼく)の下に、カゴが一つ置いてありました。
 身分の高い女の人を乗せる為の美しいカゴです。
 それを、たきぎ拾いに来た二人の男の子が見つけました。
「立派なカゴだな」
「本当だね。いつから置いてあったんだろう?」
 そこへ村の男たちがやって来て、子どもにたずねました。
「坊主たち、このカゴはいつからあったんだ?」
「わかんない。おいらがここへ来た時は、なかったんだ」
「そうだよ。たきぎを拾って帰ろうとしたら、置いてあったんだ。中から音がしたから誰かいると思うけど」
「人騒がせだな。カゴかきはどこへ行ったんだろう? まさか、カゴが一人でここへ来たわけではあるまい。ちょっと中の人に聞いてみよう」
 一人の男がそう言いながらカゴの戸に手をかけようとすると、戸がするすると開いて、中から女の人が顔をのぞかせました。
「あれ?!」
 カゴの中から顔をのぞかせたのは、若い娘が着る様なきらびやかな着物を着てはいますが、頭に白い物が混じった色の白い年配の女の人です。
「あの、あなたさまは、どちらのお屋敷のお方ですか?
 それからこんなところに、どうしていらっしゃるのですか?
 カゴかきがいなくなったというのなら、わたしたちがお屋敷までお送りいたしますが」
「・・・・・・」
 男が色々と尋ねましたが、カゴの中の女の人はだまっています。
 そして上目づかいに村の男たちを見ながら、時々薄気味悪い笑みを浮かべます。
「・・・。このお方は、口がきけないんだろうか?」
 辺りが暗くなるにつれて、女の人の白い顔がますます気味悪く見えてきます。
 男たちはぶるっと身震いしながらも、あれこれと相談を始めました。
「仕方がないから、このままにしておこうか?」
「しかし、あの辺りは夜になるとオオカミが出るところだ。ほうっておいたら、食われてしまうぞ」
「薄気味悪いが、今夜ひと晩だけでも、わしらで番をしてやろう」
 そして五人の若者が番をする事になり、それぞれが家に帰ってたいまつなどを準備しました。
 五人がたいまつをともしながら、再び松の木の下へやって来ると、あのカゴがありません。
「おや? カゴがないぞ?」
「きっと、カゴかきどもが、戻ってきたんだろう。おおかた、どこかで酒でも飲んでいたのではないか」
「全く、人騒がせな事だ」
 若者たちがぶつぶつ文句を言いながら帰ろうとすると、遅れてやって来た一人が若者たちに言いました。
「おい、おい。あのカゴが河原にあるんだと。近くにいた馬子(うまこ→ウマをひいて人や荷物を運ぶ仕事の人)たちがカゴの中をのぞこうとしたら、十七、八の、見た事もない美しい娘が顔を出したとよ」
「な、なんだと?」
 若者たちは、顔を見合わせました。
 若者たちの見たのは、確かに年老いた女の人でした。
「そんなばかな。おれ、見て来る」
「おれも行くぞ」
 若者たちが河原めざして走って行くと、その途中のお宮の裏の松の木の下に、あのカゴがありました。
「おかしいな。こんなところにカゴがあるぞ」
「本当だ、あのカゴに間違いない」
「カゴかきもいないのに、どうやってここまで?」
 若者たちが恐る恐るカゴに近づくと、カゴの戸がするすると開きました。
 そして中から出て来たものを見て、ビックリです。
「ぎゃあー、出たー!」
 カゴの中から出て来たのは、若い娘と、老婆と、のっぺらぼうと、二匹のヘビだったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     3月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パンダ発見の日
きょうの誕生花
雪柳(ゆきやなぎ)
きょうの誕生日・出来事
1984年 土屋 アンナ (モデル)
恋の誕生日占い
テレビやマンガで涙を流す感動屋
なぞなぞ小学校
あるのにない果物は?
あこがれの職業紹介
樹木医
恋の魔法とおまじない 071
願いをかなえるおまじない
  3月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネコに教わった剣の道
きょうの世界昔話
七つの星
きょうの日本民話
草葉のかげ
きょうのイソップ童話
子ジカと母ジカ
きょうの江戸小話
盲目
きょうの百物語
すっとびカゴ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識