福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 > 草葉のかげ

3月11日の日本民話

草葉のかげ

草葉のかげ
広島県の民話広島県情報

 むかしむかし、あるところに、とてもなまけ者の男がいました。
 男は近所の大旦那(おおだんな)の家で働いていましたが、少しでも金が入るとすぐ遊んでしまうので、いつもお金がありません。
 ですからすぐに大旦那のところへ行っては、
「旦那さま。必ずお返しますから、お金を貸してください」
と、お金を借りて来るのです。
 ですが借りたお金は、まだ一度も返した事はありません。

 さて、もうすぐお正月だというのに、男の家には食べるお米がなくなってしまいました。
(困ったな。さすがの大旦那も、これ以上は貸してくれそうにないしな。何かよい言い訳でもあれば別だが)
 頭をかかえ込んで考えた男は、ある名案を思いつきました。
「そうだ! これならうまくいくぞ!」
 そしてその名案をおかみさんに話すと、さっそくおかみさんを大旦那の家に行かせました。

 おかみさんは大旦那の家にやって来ると、いかにも悲しそうな顔で大旦那に言いました。
「大旦那さま。実は昨日、うちの主人が死にました。家には今日食べるお米もありません。どうか、お米を一俵(いっぴょう)、貸してください」
 それを聞いた大旦那は、びっくりです。
「何と! あれほど元気だったのに、人間の運命とは分からぬものだな。
 よしよし、何も心配はいらないよ。
 お前の家には貸しがいっぱいあるけれど、米の一俵ぐらい。
 ・・・いや、そこに米が三俵あるから、全部持っていくがよい」
 大旦那はおかみさんに同情(どうじょう)して、三俵のお米の他に、大金まで貸してくれました。

 さて、三俵のお米と大金を手に入れた男は大喜びで、しばらくは何不自由なく暮らしていました。
 でも少しも働かないので、そのうちにお金もお米もなくなってしまいました。
 そこでまた働きに行こうと、大旦那の家の前まで行ったのですが、
「待てよ。このまま大旦那の家に行っては、死んだと言ったうそがばれてしまうぞ。しかし、働かないと本当に飢え死にしてしまうし」
 男がどうしようかと、大旦那の家の前でウロウロしていると、大旦那が突然家から出てきました。
(しまった、見つかったか)
 男は大あわてで、近くの草むらの中へ隠れました。
 しかし、男の姿をはっきりと見た大旦那は、ため息をつきながら隠れている男に言いました。
「おいおい、よりにもよって死んだなんて、うそをつくにもほどがあるぞ。さあ、出て来い」
「・・・・・・」
 男が出て来ないので、大旦那は草むらのそばにやって来ました。
 すると男は、大旦那に手を合わせて言いました。
「いえ、うそなんかついていません。こうして、草葉のかげからおがんでおります」
 ちなみに草葉のかげからというのは、なくなった人の事をいう時に使う言葉です。

おしまい

前のページへ戻る


     3月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パンダ発見の日
きょうの誕生花
雪柳(ゆきやなぎ)
きょうの誕生日・出来事
1984年 土屋 アンナ (モデル)
恋の誕生日占い
テレビやマンガで涙を流す感動屋
なぞなぞ小学校
あるのにない果物は?
あこがれの職業紹介
樹木医
恋の魔法とおまじない 071
願いをかなえるおまじない
  3月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネコに教わった剣の道
きょうの世界昔話
七つの星
きょうの日本民話
草葉のかげ
きょうのイソップ童話
子ジカと母ジカ
きょうの江戸小話
盲目
きょうの百物語
すっとびカゴ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識