福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 > 春先の雪女

4月5日の百物語

春先の雪女

春先の雪女

 むかしむかし、雪の俳句が得意な、年寄りの俳人(はいじん→俳句を作る人)がいました。

 ある明け方の事。
 便所へ行った俳人が、ふと庭を見ると、庭の竹やぶの前に何やら白い物が立っています。
(おや?)
 よく見てみると背の高さが一丈(→約三メートル)もある大女で、髪の毛も顔も透き通る様にまっ白です。
 まだ若い女らしく、その顔は俳人が今まで見た誰よりも美しいものでした。
(一体、何者だ?)
 思わず庭におりて近づこうとすると、女はニッコリと笑いかけ、竹やぶの方へ歩き出しました。
 そのあでやかな歩きぶりは、とても大女のものとは思えません。
 俳人が声をかけるのも忘れて見とれていると、やがて女の姿がフッと消えました。

 夜が明けるのを待って、俳人は竹やぶの辺りを念入りに調べてみましたが、どこにも足跡一つありません。
(もしや、あれが雪女というものだろうか? いや、雪女は雪の深い時に現れると聞く、いかに雪が残っていようとも、今頃現れるはずは)

 俳人は俳人仲間のところへ出かけると、庭で見た事を話しました。
 すると、仲間の一人が言いました。
「それは、間違いなく雪女だろう。
 花は、散る時が一番美しく、それは雪女とて同じ事。
 春先に現れる雪女は、この世の物とは思えぬほど美しいそうだ。
 それを見る事が出来たとは、何ともうらやましい事よ」
「そうか。しかしなぜ、わたしの家の庭などに現れたのだろう?」
「さあ。もしかすると、お前さんが雪の俳句を好んでつくるからではないか。
 あるいは、雪女に気に入られたか。
 今度の大雪には、雪女がたずねて来るかもしれないぞ」
 俳人は、雪女に冷たい息をかけられて凍え死んだ男の話しを思い出して、
「と、とんでもない!」
と、言いましたが、あの美しい女にもう一度会えるのなら、残り少ない命を差し出してもよいかとも思いました。

 それから雪が降ると俳人は庭をながめる様になりましたが、俳人の庭に雪女が現れる事は二度とありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     4月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ヘアカットの日
きょうの誕生花
大紫羅欄花(おおあらせいとう)
きょうの誕生日・出来事
1990年 三浦 春馬 (俳優)
恋の誕生日占い
頭が良く、決して嘘をつかない優等生
なぞなぞ小学校
指の先にある目は?
あこがれの職業紹介
コンビニエンスストア店員
恋の魔法とおまじない 096
縁切りのおまじない
  4月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
つぼを買う
きょうの世界昔話
ひな鳥とネコ
きょうの日本民話
テングのおどかし
きょうのイソップ童話
漁師と小さな魚
きょうの江戸小話
きいておいた
きょうの百物語
春先の雪女
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識