福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 > 神隠し

4月15日の百物語

神隠し

神隠し
岩手県の民話岩手県情報

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「櫻井園子」  櫻井園子エス代表 《櫻井園子キャンドルWEB販売》

 むかしむかし、陸中の国(りくちゅうのくに→岩手県)の金沢(かねざわ)という村に住む若者が、山菜(さんさい)を採る為に山に行きました。
 しかし、探し求めているうちに、今まで入った事もない深い谷間に出てしまいました。
(はて? ここはどの辺りだろう? この山の事は、すみからすみまで知っているつもりだったが)
 周りはとても木が生い茂っており、昼間なのに夕暮れの様な暗さです。
(これは、とんでもない所へ迷い込んでしまった。とにかく山の上へ登り、上から道を探すとしよう)
 若者が谷川にそったやぶを登って行くと、急に辺りが開けてきて、谷のわきに立派な黒い門を構えた家が現れました。
(大きな家だな。この山に、こんな家があったとは)
 若者が門の中へ入って行くと家の前は広い庭になっていて、白い花が一面に咲いて甘い花の香りがただよっています。
 家の軒先(のきさき)では、十羽ばかりのニワトリがのんびりと遊んでいます。
 若者が家の裏へ回ってみると、馬小屋と牛小屋が並んでいて、つながれた五頭ずつの牛馬が静かにエサを食べていました。
 しかし、人のいる気配は全くありません。
(誰も、いないのかな?)
 男は戸を少し開いて、家の中へ声をかけました。
「ごめんください」
 中をのぞくと居間(いま)にはいろりがあって、赤々と炭火がおこっています。
(本当に、誰もいないのだろうか?)
「ごめんください!」
 若者はもう一度大きな声を出しましたが、やはり返事はありません。
 そこで土間(どま)にわらじを脱ぐと、そっと家の中へ入ってみました。

 居間を抜けて次の部屋へ行くと、その部屋には何に使うのかはわかりませんが、とても大きなおけが置いてあります。
 次の部屋には、たった今、誰かがお客の食事の支度をしたというふうに、朱塗りの立派なおぜんと食器がきちんと並べられていました。
(これは、どういう事だ?)
 若者は気味が悪くなりましたが、さらに奥座敷(おくざしき)ものぞいてみました。
 奥座敷には、まばゆいばかりに輝く金のびょうぶがたててありました。
 そして真っ赤な炭火の入った火ばちの上では、鉄びんの湯がチンチンと音をたてて煮えたぎっていました。
(うむ。これはきっと、大事なお客が来るというので、主人をはじめ家の者たちみんなで、近くまで出迎えに出たのかもしれないな)
 若者は自分でうなずきながら、広い座敷の中を見回しました。
 しかし、どんなお客を迎えるのかは知りませんが、すっかり準備の出来上がっている座敷に、誰もいないというのは変です。
(出迎えに行ったというより、まるで人だけが突然消えてしまったようだ。家の者みんなが、神隠し(かみかくし→村や家からなんの前触れも無く人がいなくなる事)に・・・)
 若者は恐ろしくなり、庭へ飛び出すとわらじもはかずに逃げ出しました。
 そして深い山奥の谷間から、どこをどう走って来たのかわかりませんが、走って走ってやっと見覚えのある山道に出たのです。

 その後、若者は不思議な家の事が気になって、村人たちにも山の中の家の事を尋ねてみましたが、誰も知っている者はいませんでした。
 若者はそれから何度も山奥くへ入ってみましたが、あの家も神隠しにあったのか、ついに見つける事は出来なかったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     4月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ヘリコプターの日
きょうの誕生花
金魚草(きんぎょそう)
きょうの誕生日・出来事
1985年 JOY (ジョイ)(モデル)
恋の誕生日占い
まじめで頭が良くてスポーツも得意
なぞなぞ小学校
丸くてすっぱい星は?
あこがれの職業紹介
女流棋士
恋の魔法とおまじない 106
言い伝え ケンカした友達に謝る前に
  4月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
カモとりごんべえ
きょうの世界昔話
おくびょう者と大男
きょうの日本民話
スズメがお米を食べる理由
きょうのイソップ童話
アリとハト
きょうの江戸小話
こやしとおもう
きょうの百物語
神隠し
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識