福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 5月の百物語 > あめ屋と子泣きじじい

5月3日の百物語

あめ屋と子なきじじい

あめ屋と子泣きじじい

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、旅のあめ屋が山を越える途中で、道に迷ってしまいました。
 日が暮れて薄暗くなってきたので、あめ屋はとても心細くなりました。
「恐ろしい物が出ないといいが・・・。でも、こう言う時に限って、何かが出るんだよな」
 あめ屋が恐々歩いて行くと、どこからともなく子どもの泣き声が聞こえてきました。
「ほら、やっぱりだー!
 やっぱり、出やがった。
 ・・・おや、子どもか?
 こんな山の中で、子どもが泣いとるぞ。
 こりゃあ、ただごとじゃないな」
 泣き声をたよりに男がやぶをかきわけて行くと、三、四才の男の子が泣いたまま座り込んでいました。
「おおー、よしよし。
 もう、泣かんでもよいぞ。
 おじさんが、だっこしてやろう。
 それにしても、親はどこへ行ったんじゃ?」
 あめ屋は、男の子をひょいっと抱き上げてびっくり。
「うわっ! 子泣きじじいだ!」
 なんとその男の子は、体は子どもなのに顔がおじいさんだったのです。
 あめ屋はびっくりして投げ捨てようとしましたが、子泣きじじいは泣きながらしがみついて離れません。
「しまった!
 うっかり、抱き上げるんじゃなかった!
 一体、どうすればいいんだろ?
 こら、泣くんじゃない!
 泣きたいのは、こっちだよ」
 子泣きじじいとは、親に捨てられたまま、おじいさんになった妖怪です。
 泣き声で人をおびき寄せては抱き上げられる様にしむけて、そしていったん抱かれたら、そう簡単には離れてくれません。
「エーン、エエーン、町へ行きたいよう」
 子泣きじじいはそう言って、ますますしがみついてきました。
「そんな事を言ったって、町までしがみついてこられたら、商売どころではなくなっちまう。・・・そうだ」
 あめ屋は泣き続ける子泣きじじいの口に、あめ玉をひとつポイと放り込みました。
 すると子泣きじじいは、こんなに甘くておいしい物はなめた事がないらしく、ピタリと泣きやむとニッコリ笑いました。
「おじちゃん。もうひとつ、おくれ」
「ああ。やるから、ちょっくら降りな」
「うん」
 あめ屋は子泣きじじいにあめ玉を三個にぎらせると、そのすきに逃げ出しました。

 無我夢中で逃げて行くと、ようやく村の明かりが見えてきました。
「やれやれ、助かった」
 あめ屋が一軒の家の戸を叩いて助けを求めたところ、出て来たのは何と、さっきの子泣きじじいです。
「おじちゃん。もうひとつおくれ」
「うひょーっ!」
 あめ屋は目を回して、その場にバタンと倒れてしまいました。

 次の朝、目の覚めたあめ屋が辺りを見回すと家などなく、山の中の道ばたに空っぽのあめの箱が転がっているだけでした。

おしまい

前のページへ戻る


     5月3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
憲法記念日
きょうの誕生花
牡丹(ぼたん)
きょうの誕生日・出来事
1951年 三宅裕司 (タレント)
恋の誕生日占い
行動力があって、体を動かす事が好き
なぞなぞ小学校
掃除が好きな鳥は?
あこがれの職業紹介
大道芸人
恋の魔法とおまじない 124
寂しさが和らぐおまじない
  5月3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
地蔵の田植え
きょうの世界昔話
三人の糸つむぎ女
きょうの日本民話
干しな経
きょうのイソップ童話
ほらふきのツバメとカラス
きょうの江戸小話
この子にも百文
きょうの百物語
あめ屋と子泣きじじい
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識