福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 5月の世界昔話 > 三人の糸つむぎ女

5月3日の世界の昔話

三人の糸つむぎ女

三人の糸つむぎ女
グリム童話 →グリム童話の詳細

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、あるところに、とてもなまけ者の娘がいました。
 娘は、糸つむぎが大嫌いです。

 ある日、お母さんがむりやり糸つむぎをさせようとすると、娘は大声で泣き出しました。
 その時この国の女王さまが、娘の家の前を通りかかりました。
 そして、女王さまがたずねました。
「どうして、この娘は泣いているのですか?」
 お母さんは、娘がなまけ者なのを恥ずかしく思い。
「はい。この子は糸つむぎが大好きで、いつも糸つむぎを止めさせようとすると泣くのです」
と、反対の事を言ってごまかしました。
 すると女王さまは、
「そんなに働き者とは、感心な娘ですね。よろしい。城へ連れて行って、好きなだけ糸つむぎをさせてあげましょう」
と、娘をお城に連れて行ったのです。
 女王さまは、娘を糸つむぎ部屋に連れて行くと言いました。
「ここには三つの部屋があります。この三つの部屋一杯のアサを全部つむいだら、王子と結婚させてあげましょう」
(そ、そんなの出来ない。三百年かかっても無理だわ)
 1人残されて娘が泣いていると、どこからか3人の不思議な女の人たちが現れました。
 1人は、平べったい大きな足。
 1人は、あごの下までたれ下がった長いくちびる。
 残りの1人は、バナナほどの大きな親指をしていました。
 三人は、娘に言いました。
「お前を助けてあげよう。ただし、王子との結婚式にわたしたち3人を、お前のおばとしてよんでくれるならね」
「ええ、約束するわ」
と、娘が言うと、3人はすぐに糸をつむぎ始めました。
 大きな足の女が糸車をふみ、長いくちびるの女が糸をなめてしめらせ、大きな親指の女がその糸を見事につむぎました。

 次の日、女王さまは部屋いっぱいにつみあげられた糸の山を見て、すぐに娘と王子の結婚式の準備に取りかかりました。
「王子や、こんなによく働く娘をお嫁さんにもらえて、本当に良かったわね」
「はい、お母さま」
「これからは毎日、お嫁さんに糸をつむいでもらいましょうね」
「はい、お母さま」
 女王さまも王子さまもごきげんでしたが、その言葉を聞いて娘の顔はまっ青になりました。
(ええっ! 毎日糸をつむがなければならないの! そんな事になったら、わたし死んでしまうかも)
 娘は糸を毎日つむぐぐらいなら、本当の事を話して王子さまとの結婚はあきらめた方がいいと思いました。
「あの、王子さま。じつは・・・」
と、言いかけたところへ、あの3人の女が現れたのです。
 王子は、その女たちのきみょうな姿にびっくりして、3人にたずねました。
「なぜ、おばさまたちは、そんなに大きな足や、くちびるや、親指をしているのですか?」
「いつも、糸車をふんでいるからだよ」
「いつも、糸をなめるからだよ」
「いつも、糸をつむぐからだよ」
 3人の女の返事を聞くと、王子さまはさけびました。
「いつも糸つむぎをすると、そうなってしまうのですか!」
 3人の女たちは、ニッコリ笑って言いました。
「そうだよ。王子さまの花嫁も、そのうちにわたしたちの様な姿になるでしょうね」
「それは大変だ! よし、花嫁には糸つむぎを一生させないようにしよう!」
と、言うわけで、糸つむぎのきらいな娘は糸つむぎを一生しなくてもいい事になり、やさしい王子さまと幸せに暮らしました。

おしまい

前のページへ戻る


     5月3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
憲法記念日
きょうの誕生花
牡丹(ぼたん)
きょうの誕生日・出来事
1951年 三宅裕司 (タレント)
恋の誕生日占い
行動力があって、体を動かす事が好き
なぞなぞ小学校
掃除が好きな鳥は?
あこがれの職業紹介
大道芸人
恋の魔法とおまじない 124
寂しさが和らぐおまじない
  5月3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
地蔵の田植え
きょうの世界昔話
三人の糸つむぎ女
きょうの日本民話
干しな経
きょうのイソップ童話
ほらふきのツバメとカラス
きょうの江戸小話
この子にも百文
きょうの百物語
あめ屋と子泣きじじい
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識