福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 5月の百物語 > 抱きつく白骨

5月12日の百物語

だきついてくる白骨

抱きつく白骨
岐阜県の民話岐阜県情報

 むかしむかし、美濃の国(みののくに→岐阜県)に、長間佐太(ながまのさた)という武士(ぶし)がいました。
 佐太(さた)は将軍を守る為に京の都へ行ったのですが、戦(いくさ)が終わると自分の仕事が嫌になりました。
(人と人が争うとは、何とおろかな事だろう。もはや、二度と武器は手にしたくない)
 そして佐太は国へは戻らずに武士の身分を捨てると、草ぶきの小屋を建てて一人で住む事にしたのです。
 仕事はというと、元武士が乞食(こじき)をするわけにもいかないので、近くの山でしばを買い求めて、それを町で売って暮らしていました。

 しば売りの仕事ではとても貧しい暮らししか出来ませんが、佐太にとっては心休まる日々でした。
「わずかな金で安物の酒を買い、心ゆくまで山をながめ、月を見ては歌をよむ。何とも素晴らしいではないか」
 佐太のそんな暮らしを知って、むかしの仲間が金と食べ物を持って来ましたが、
「ほどこしを受ければ、生活は豊かになっても心が貧しくなる」
と、言って、何も受け取ろうとはしませんでした。

 そんなある晩の事、佐太が墓地の近くを歩いていたら、いきなり目の前の古い墓が二つに割れて、中からたいまつの様な明かりがもれてきたのです。
 佐太はびっくりしましたが、しかし元は凄腕の武士です。
 二つに割れた古い墓に近づくと、
「何事だ?」
と、墓の中をのぞいてみました。
 すると墓の中にあった白骨(はっこつ→ガイコツ)がムクリと起き上がり、佐太に抱きついてきたのです。
 佐太はあわてず、白骨にたずねました。
「拙者(せっしゃに)に、何か用か?」
 しかし白骨は黙ったまま、佐太を墓の中へ引きずり込もうとします。
「やめぬか。いかに世捨て人とて、まだ死ぬわけにはいかぬのだ」
 佐太が白骨を突き飛ばすと、倒れた白骨はバラバラになってしまいました。
 それと同時に墓の中からの明かりが消えて、辺りは再び真っ暗になりました。
「こうも暗くては、何も出来ぬな」
 佐太は仕方なく家に帰ると、翌朝になって再び戻ってきました。
 すると墓が崩れており、周りに白骨が散らばっていました。
「世捨て人の拙者にまで抱きつくとは、よほどくやしい事があったに違いない。だが拙者に出来る事は、これぐらいだ」
 佐太は散らばった白骨を拾い集めて墓に戻すと、安物の酒を墓に供えて手を合わせました。

おしまい

前のページへ戻る


     5月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
看護の日
きょうの誕生花
アスチルベ(Astilbe)
きょうの誕生日・出来事
1978年 福田 薫 (タレント)
恋の誕生日占い
責任感が強くまじめで、クラスのリーダー的存在
なぞなぞ小学校
よく見えない植物は?
あこがれの職業紹介
ライター
恋の魔法とおまじない 133
片思い・両想いを調べる
  5月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
まだわからん
きょうの世界昔話
シンドバッドの冒険
きょうの日本民話
テングを説きふせた男
きょうのイソップ童話
船旅をする人たち
きょうの江戸小話
つもり泥棒
きょうの百物語
抱きつく白骨
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識