福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 5月の百物語 >海坊主にあった船乗り

5月20日の百物語

海坊主にあった船のり

海坊主にあった船乗り

♪音声配信(html5)
朗読者 ; スタヂオせんむ

 むかしむかし、徳蔵(とくぞう)という船乗りがいました。
 船乗りの名人として知られ、徳蔵の操る船は、どんな嵐も乗り切り、これまで一度として遭難(そうなん)した事はありません。
 だから船主たちは、大事な荷物を運ぶ時、必ず徳蔵の船を選ぶほどです。
 しかし、そんな徳蔵にも、肝(きも)を冷やす様な出来事がありました。

 ある日、徳蔵は荷物を降ろした後、のんびりと船をこいでいました。
 空は晴れ、おだやかな波の上で海鳥たちがたわむれています。
「何て、静かな海だ」
 すっかり良い気分になった徳蔵は、歌を口ずさんでいました。
 はるか向こうに、島影が見えた時です。
 ふいに生暖かい風が吹いて来て、波が高くなりました。
 沖の方を振り返ると、さっきまで晴れていた空に黒い雲がわき出し、みるみる広がって行きます。
「おかしいなあ?」
 徳蔵は、首を傾げました。
 これまで長年の経験で、こんな日は絶対に嵐などやってきません。
 それでも、あたりは暗くなり、船の上まで黒雲がたれてきました。
 波はいよいよ高くなり、船が大きく揺れます。
 やがて雨が降り始めると、激しい嵐になりました。
(こういう時は波に逆らわず、じっとしている事だ)
 徳蔵は船をこぐのを止めると、ろ(→船をこぐための棒)を船に引き上げたまま、船のバランスを取る為に船底にうずくまっていました。
 船はまるで、木の葉の様に揺れます。
と、その時、目の前の海から黒い物が浮きあがり、あっと言う間に高さ一丈(いちじょう→約三メートル)ほどの大入道になりました。
「ば、化け物!」
 さすがの徳蔵も、ビックリです。
 けれど、腕ききの船乗りだけの事はあり、慌てずにその化け物をにらみつけました。
 化け物の両眼が、ランランと光っています。
 そして、うなるような声で言いました。I
「どうじゃ、わしの姿は恐ろしかろう!」
 すると徳蔵も、負けじと言い返します。
「何が、恐ろしいもんか。
 世の中には、お前より恐ろしい物はいくらでもいる。
 とっとと消えうせないと、このろで叩き殺すぞ!」
 徳蔵のすごいけんまくに、逆に化け物が慌てました。
「チビのくせに、恐ろしい男だ」
 化け物はそのままスーッと海へ沈むと、それっきり姿を見せなくなりました。
と、同時に嵐がやみ、再び空に日が戻ります。

 家に戻って、この事を近所の物知り老人に話したら、それは海坊主という妖怪(ようかい)で、体がうるしの様に黒く、嵐を起こして船を沈めるというのです。
(なるほど、それにしても、よく船を沈められずにすんだものよ)
 この話しはすぐに広まり、海坊主を追い払った船乗りとして、徳蔵への仕事の依頼(いらい)は、ますます増えたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     5月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ローマ字の日
きょうの誕生花
花菖蒲(はなしょうぶ)
きょうの誕生日・出来事
1971年 光浦靖子 (芸人)
恋の誕生日占い
頭と要領が良くて、何でもてきぱきこなします
なぞなぞ小学校
ふまれてもふまれても、痛くない遊びは?
あこがれの職業紹介
弁護士
恋の魔法とおまじない 141
誤解やうわさを解くおまじない
  5月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウシの鼻ぐり
きょうの世界昔話
クルミ割りのケート
きょうの日本民話
金歯の小人
きょうのイソップ童話
野ネズミと家ネズミ
きょうの江戸小話
笑い事ではない
きょうの百物語
海坊主にあった船のり
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識