福娘童話集 きょうのイソップ童話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     5月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ローマ字の日
きょうの誕生花
花菖蒲(はなしょうぶ)
きょうの誕生日・出来事
1940年 王貞治 (野球)
  5月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウシの鼻ぐり
きょうの世界昔話
クルミ割りのケート
きょうの日本民話
金歯の小人
きょうのイソップ童話
野ネズミと家ネズミ
きょうの江戸小話
笑い事ではない
きょうの百物語
海坊主にあった船のり
 


福娘童話集 > きょうのイソップ童話 > 5月のイソップ童話 >野ネズミと家ネズミ

5月20日のイソップ童話

野ネズミと家ネズミ

野ネズミと家ネズミ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
鼠の顔の折り紙ねずみのかお   鼠の折り紙ねずみ

♪音声配信
download
亜姫のイソップ童話より

 野ネズミと家ネズミとは、とても仲良しでした。
 家ネズミは友だちの野ネズミに呼ばれて、ご馳走になりに、いそいそと野へ出かけました。
 ところがオオムギとコムギばかり食べさせられたので、こう言いました。
「これじゃあ、きみ、まるでアリの生活だ。家へ来れば、うまい物がいっぱいあるから、一緒に来て、何でもおあがりよ」
 そこで2匹は、すぐさま出かけました。
 そして家ネズミが見せたのは、マメやムギの他に、ヤシの実や、チーズや、ハチミツや、果物のでした。
 そこで野ネズミはビックリして、家ネズミの暮らしをたいそう褒めて、身の不幸せを嘆きました。

 さて、いよいよごちそうに手を出そうとした時、急に人間が戸を開けました。
 ネズミは臆病ですから、2匹ともその音に驚いて壁の割れ目に飛び込みました。
 しばらくして、今度こそごちそうを食べようとしましたが、また別の人が部屋の中へ入ってきました。
 それを見て、ネズミはまた穴に飛び込んで隠れました。
 そこで野ネズミはお腹の空いた事など忘れて、ためいきをつきながら家ネズミに言いました。
「さようなら。きみは、危ない目や、怖い目にさんざん会いながら、腹一杯食べて機嫌良くそれを味わっているが、わたしはいくらみじめでも、怖い目に会わずに、オオムギやコムギを食べてのんきに暮らしていくよ」

 ビクビクしながら贅沢するよりは、質素でも、のんびり生きている方が良いのです。

おしまい

前のページへ戻る


きょうのイソップ童話
ミニカレンダー
<<  5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識