福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > 幽霊のそでかけ松

6月20日の百物語

ゆうれいのそでかけ松

幽霊のそでかけ松

♪音声配信(html5)
朗読者 ; スタヂオせんむ

 むかしむかし、漁師が川に船を出して、夜釣りをしていました。
 ところが、どうした事か、今日は一匹も釣れません。
「今夜は、あきらめて帰るとするか」
 漁師がそう思っていると、釣りざおが突然、弓なりになりました。
 めったにない、大物の手応えです。
 喜んで引き上げると、
「・・・へっ? ギャァァァーー!」
 釣り糸の先には、若い娘の亡骸(なきがら)が引っかかっていました。
「わわぁ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ」
 漁師は、亡骸を捨てるわけにもいかず、船に引き上げました。
「ああ、可愛そうに・・・」
 漁師は娘の亡骸を近くのお寺に運んで、和尚(おしょう)さんにとむらってもらいました。
 すると次の晩から、お寺の古い松の木の下に、あの若い娘の幽霊が現れ始めました。
「手厚くほうむってやったのに、まだ、この世にうらみでもあるのだろうか?」
 和尚さんが不思議に思っていると、娘の幽霊が現れて、
「先日は、ありがとうございました。
 迷わず、あの世へ行きたいのですが、心残りが・・・。
 一言、お聞き下さいませんか?」
 かすかな声で、言いました。
「なんなりと、話しなさい」
「はい。
 実は、好きな人の元へ、お嫁に行く事になっていたのですが、家が貧しい為、嫁入りの着物が作れないでいました。
 その為、せっかくの縁談(えんだん)が、壊れてしまったのです」
「それはさぞ、つらかったろう。
 よしよし。
 今となっては手遅れながら、わしが嫁入りの着物をそろえてやろう」
 和尚さんが言うと、娘の幽霊は涙を拭いて、フッと消え去りました。

 あくる日、和尚さんは約束の着物を買って来て、古い松の枝にかけておきました。
 すると夜中に娘の幽霊が現れて、着物を着替えて行ったのでしょう。
 嫁入りの着物は消えて、代わりに娘がおぼれて死んだ時の着物のそでが枝にかけられていました。

 その時から、この松は『幽霊のそでかけ松』と、呼ばれる様になったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
健康住宅の日
きょうの誕生花
白茅(ちがや)
きょうの誕生日・出来事
1984年 鬼龍院 翔 (ミュージシャン)
恋の誕生日占い
感情豊かで、笑顔が素敵
なぞなぞ小学校
自分で話しているのに、覚えていない事が多いのは?
あこがれの職業紹介
フードコーディネーター
恋の魔法とおまじない 172
悪い気を払うおまじない
  6月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
十七毛ネコ
きょうの世界昔話
ギルガメシュの冒険
きょうの日本民話
ウサギを追っ払ったキツネ
きょうのイソップ童話
2匹のイヌ
きょうの江戸小話
どうでも、しやぁがれ
きょうの百物語
幽霊のそでかけ松
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識