福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 6月の日本昔話 > 十七毛ネコ

6月20日の日本の昔話

十七毛ネコ

十七毛ネコ
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六(きっちょむ)さんと言う、とてもとんちが上手な人がいました。
 吉四六さんは面白いアイデアで、お金儲けをするのが得意な人です。

 ある時、吉四六さんは、町でこんな話しを聞きました。
「オスの三毛ネコ(→ネコの毛色で、白・黒・茶の三色の毛が混じっているネコ)を船に乗せておくと、どんなにひどい嵐にあっても決して沈む事がない。
 それで船乗りたちはオスの三毛ネコを見つけると、良い値段で買い取るんじゃ。
 何しろメスの三毛ネコはいくらでもおるが、オスの三毛ネコは、めったにおらんからのう」
 それを聞いた吉四六さんの頭に、お金儲けのアイデアが浮かびました。
(そういえば、わしの家にオスの三毛ネコがいたな。こいつを使えば、一儲け出来るぞ)
 そこで吉四六さんは、さっそく浜の船乗り場へ行くと、大きな声でこんな一人言を言いました。
「この辺には、オスの三毛ネコがたくさんおるのう。
 だがわしの家にいる様な、十七毛のオスネコはさすがにおらんのう」
 すると一人の船乗りが、吉四六さんに声をかけてきました。
「十七毛のネコとは、珍しいな。吉四六さん、そのネコを譲ってはくれんか?」
 しかし吉四六さんは、わざと渋い顔で言いました。
「いや、売るわけにはいかん。何しろ十七毛のオスネコは、わしの家の宝物じゃ」
 そう言われると船乗りは、ますます十七毛のネコが欲しくなりました。
「それなら吉四六さん。お礼に五両を出そう、どうだ?」
「まあ、それほどに言うのなら仕方あるまい。売る事は出来んが、しばらく貸してやろう」
「それは、ありがたい。
 ちょうど明日から、大事な仕事があるんだ。
 じゃあ明日の朝に、吉四六さんの家へ取りに行くよ」

 さて翌朝、船乗りは吉四六さんの家へやってくると、財布からお金を取り出して言いました。
「大事な宝物を借りるのだから、ただでは申し訳ない。お礼に、この一両を受け取ってくれ」
「はい、せっかくのおこころざしですから、ありがたく頂きましょう。では、オスの十七毛ネコを連れてきますでな」
 そう言うと吉四六は、家の火鉢の横で寝ていた汚い三毛ネコを抱きかかえてくると、船乗りに渡しました。
 受け取った船乗りは、不思議そうな顔で吉四六さんにたずねます。
「吉四六さん。このネコはどう見ても、普通の三毛ネコに見えるのだが」
 すると吉四六さんは、にんまり笑って説明をしました。
「確かに、こいつはオスの三毛ネコじゃ。だがこのあいだ、火の残っているかまどにもぐり込んで、背中をちょいとヤケドしました。つまり、八毛」
「しかし吉四六さん。三毛と八毛を足しても、十一毛にしかならんぞ。十七毛には、まだ六毛が足らんのではないか?」
「いやいや。尻の毛が、むけておるでしょう。毛が無いので、つまり無毛(六毛)。三毛と、八毛と、六毛を全部合わせると、十七毛ですよ」
「なるほど。確かにこいつは、三毛と八毛と六毛で、十七毛ネコだ」
 船乗りは吉四六さんのとんちに感心すると、ほかの船乗りにも同じ話しで自慢してやろうと、その十七毛ネコを喜んで持って帰りました。

おしまい

前のページへ戻る


     6月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
健康住宅の日
きょうの誕生花
白茅(ちがや)
きょうの誕生日・出来事
1984年 鬼龍院 翔 (ミュージシャン)
恋の誕生日占い
感情豊かで、笑顔が素敵
なぞなぞ小学校
自分で話しているのに、覚えていない事が多いのは?
あこがれの職業紹介
フードコーディネーター
恋の魔法とおまじない 172
悪い気を払うおまじない
  6月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
十七毛ネコ
きょうの世界昔話
ギルガメシュの冒険
きょうの日本民話
ウサギを追っ払ったキツネ
きょうのイソップ童話
2匹のイヌ
きょうの江戸小話
どうでも、しやぁがれ
きょうの百物語
幽霊のそでかけ松
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識