昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集(Hukumusume fairy tale collection) > 日本昔話(Classical stories of the Japanese) > 7月(July)

Anime size Max 2560×1440 subtitles「Japanese」「English」「Chinese」「Formosan」

イラスト たつよ   提供 らくがきの日常

子育て幽霊
The Child-rearing Ghost

日本語(Japanese)  ・ 英語(English)  ・ 中国語(Chinese)台湾語(Formosan)

日本語 & 英語  ・ 日本語 & 中国語  ・ 日本語 & 台湾語

♪音声配信(html5)
朗読者 ; ☆横島小次郎☆

♪音声配信(html5)
朗読者 ; スタヂオせんむ

 むかしむかし、ある村に、一軒のアメ屋がありました。
 Once upon a time, in a village somewhere far off, there was a candy store.

イラスト01 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト01 百物語 福娘童話集

 ある年の夏の事、夜も遅くなったので、アメ屋さんがそろそろ店を閉めようかと思っていると、
 One year, on a late summer's night, the candy store owner was thinking about getting ready to close up for the night

 トントントントン
 Knock knock!!

と、戸を叩く音がしました。
 There came a sound at the door.

「はて、こんな遅くに誰だろう?」
"What's that! Who could that be at such an hour ?"

と、アメ屋さんが戸を開けてみますと、一人の女の人が立っていました。
 When the shopkeeper opened the door, there he found a lady standing all alone.

イラスト02 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト02 百物語 福娘童話集

「あの、アメをくださいな」
"Could you please give me some candy!." She asked.

「あっ、はい。少々お待ちを」
"Oh, yes of course, Please wait "replied the store owner.

 アメ屋さんは女の人が持ってきたうつわに、つぼから水アメをすくって入れました。
 The store owner then scooped up some barley syrup from his jar and poured it into a pot the lady had brought.

「へい。一文(いちもん→30円ほど)いただきます」
"Ok、that will be a penny please." he replied

「ありがとう」
"Thank you" replied the lady

 女の人はお金を払うと、消えるように行ってしまいました。
 After paying the money, the lady seemed to disappear as she was leaving the shop.

イラスト03 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト03 百物語 福娘童話集

 その次の日。
 The very next day.

 今日もアメ屋さんが戸締まりをしようと思っていると、また戸を叩く音がします。
 The shopkeeper was once again preparing to lock up his shop when the same knock at the door came again.

「あの、アメをくださいな」
"May I have some candy?"

 やはり、あの女の人でした。
 Just as he thought, it was the same lady as before.

 女の人は昨日と同じようにアメを買うと、スーッと、どこかへ帰って行きます。
 The lady again, bought some candy like she had the day before and disappeared somewhere in a flash.

 それから毎晩、女の人は夜ふけになるとアメを買いに来ました。
 From then on, every night the woman kept visiting the shop to buy candy.

 次の日も、その次の日も、決まって夜ふけに現れてはアメを買って行くのです。
 Day and day after the woman kept re-appearing to buy candy ,always at the same dead hour of night.

 さて、ある雨の夜。
 Now, one rainy night.

イラスト04 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト04 百物語 福娘童話集

 この日は隣村のアメ屋さんが訪ねて来て、色々と話し込んでいたのですが、
 A candy store owner from a neighbouring village was visiting the shopkeeper and were in deep conversation.

「あの、アメをくださいな」
"Please, may I have some candy?” Came a voice from outside

と、いつものように現れた女の人を見て、隣村のアメ屋さんはガタガタ震え出したのです。
 The neigbouring candy store owner at that moment saw the lady who had visited the shop night after night, and suddenly started shaking with fear.

イラスト05 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト05 百物語 福娘童話集

「あ、あ、あの女は、ひと月ほど前に死んだ、松吉(まつきち)のかかあにちげえねえ」
"Ahhhh, that woman. That is the face of Matsukichi who died last month, there is no doubt about it"

「えっ!」
"What!"

 二人は、顔を見合わせました。
 The two turned to face each other.

 死んだはずの女の人が、夜な夜なアメを買いに来るはずはありません。
 A dead woman would surely never come here night after night to buy candy.

 しかし隣村のアメ屋は、間違いないと言います。
 Still, the neighbouring store keeper insisted that there was no mistake.

 そこで二人は、女の後をつけてみることにしました。
 There, the two men decided to follow after the woman.

イラスト06 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト06 百物語 福娘童話集

 アメを買った女の人は林を抜け、隣村へと歩いていきます。
 The woman walked off, passed through a wood and then proceeded to walk in the direction of the next village.

 その場所は、
 And the place she was going to was a...

イラスト07 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト07 百物語 福娘童話集

「はっ、墓だ!」
"Ggggg .......Grave!"

 女の人は墓場の中に入っていくと、スーッと煙のように消えてしまったのです。
 As soon as the woman reached the middle of the graveyard, she seemed to disappear in a puff of smoke.

イラスト08 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト08 百物語 福娘童話集

「お、お化けだー!」
"A, ghost! "

 二人はお寺に駆け込むと、和尚(おしょう)さんにこれまでの事を話しました。
 The two shopkeepers then fled into the temple situated in the graveyard grounds and told the head priest living there exactly all they had seen.

 しかし和尚さんは、
 But, the priest replied in astonishment.

イラスト09 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト09 百物語 福娘童話集

「そんな馬鹿な事があるものか。きっと、何かの見間違いじゃろう」
"How could such a ridiculous thing like that be true. Surely your eyes must be playing tricks on you!"

と、言いましたが、二人があまりにも真剣なので、仕方なく二人と一緒に墓場へ行ってみる事にしました。
 But, since the two men seemed to be so serious in their claims, there was nothing for it but go and investigate their claims.

 すると、
 Upon entering the graveyard..,

 オンギャー、オンギャー
 Waaah, waaah....

イラスト10 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト10 百物語 福娘童話集

と、 かすかに赤ん坊の泣き声が聞こえてきます。
 There in the distance a baby's cry could be faintly heard.

 声のする方へ行ってみると、
 After heading in the direction of the crying,  they came across....

「あっ、人間の赤ん坊じゃないか! どうしてこんなところに?!」
"What's this? It's a baby child. But why on earth in such a place?”

イラスト11 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト11 百物語 福娘童話集

 和尚さんがちょうちんの明かりをてらしてみると、そばに手紙がそえられています。
 The priest raised his paper lantern over the scene and found a letter next to the baby.

 それによると、赤ん坊は捨て子でした。
 Upon reading the letter it came to light that the baby had been abandoned.

「手紙によると、捨てられたのは数日前。それから何日もたつのに、どうして生きられたんじゃ?」
"According to this letter, this baby has been left here for several days . So, how is it possible that the child after being here for so long is still alive?"

 ふと見ると、あの女の人が毎晩アメを買っていったうつわが、赤ん坊の横に転がっていたのです。
 When they looked carefully around they noticed the pot that the ghostly lady had used to receive her candy in, laying beside the baby.

 そして、赤ん坊が捨てられたそばの墓を見ると。
 Further more, when they looked across at the grave to where the baby had been left, what do you think they saw?

イラスト12 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト12 百物語 福娘童話集

「おお、これはこの前に死んだ、松吉の女房の墓じゃ!」
"Oh, this is the grave of Mitsukichi’s wife who died recently! "

 何と幽霊が、人間の子どもを育てていたのです。
 And so it seemed, the ghost must have been trying to raise the child.

「なるほど、それでアメを買いに来たんだな。それも自分の村では顔を知られているので、わざわざ隣村まで」
"Oh, so that's why the lady kept coming to my store for candy.  She must have known her face would have been recognized in her own village, so that's why she came to my village."

イラスト13 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト13 百物語 福娘童話集

 きっと自分の墓のそばに捨てられた赤ん坊を、見るに見かねたにちがいありません。
 Surely, by seeing the abandoned baby by her own grave, the ghost couldn’t help just doing nothing.

 和尚さんは心を打たれて、松吉の女房の墓に手を合わせました。
 The priest was deeply moved by this and proceeded to put his hands together in prayer in front of Matsukichi's wife’s grave

イラスト14 イラストタッチで大イラスト(2560×1440)
子育て幽霊 イラスト14 百物語 福娘童話集

「やさしい仏さまじゃ。この子はわしが育てるに、安心してくだされよ」
"Kind saint that you are, please, have peace of mind and let me raise this child, thank you "

 こうしてお墓に捨てられた赤ん坊は、和尚さんにひきとられました。
 So, it was, that the priest came to raise the child that had been abandoned.

 それからあの女の人がアメ屋さんに現れる事は、もう二度となかったそうです。
 And from that day on and after, the lady no longer visited the candy store and was never seen again.

おしまい
The end

One-point advice
Something to bear in mind: Even ghosts have feelings.

前のページへ戻る
(Click here to return)

     7月 1日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
山形新幹線開業記念日
きょうの誕生花
薊(あざみ)
きょうの誕生日・出来事
1955年 明石家さんま(タレント)
恋の誕生日占い
面倒見が良く、世話好き
なぞなぞ小学校
どんなにしぼっても、水が出ない物は?
あこがれの職業紹介
日本語講師
恋の魔法とおまじない 183
良い話を聞ける
  7月 1日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
浦島太郎
きょうの世界昔話
水晶箱に入ったネズミ
きょうの日本民話
娘に化けた花の精
きょうのイソップ童話
ミツバチを飼う人
きょうの江戸小話
大声、小声
きょうの百物語
子育て幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識