福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 7月の百物語 > 山姥と名刀

7月19日の百物語

やまんばと名刀

山姥と名刀
山形県の民話山形県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、ある村に、隼助(はやすけ)という若者が住んでいました。
 とても貧乏な若者でしたが、隼助の家には先祖が立派な手柄を立てて、お殿さまから褒美にもらった『鬼殺し』と呼ばれる名刀(めいとう)が家宝として伝わっています。

 ある日の事、隼助が山に山ブドウやアケビを取りに出かけると、アケビのつるで編(あ)んだ大きな大きなカゴが落ちていました。
「おお、これはちょうどいい」
 隼助はその大きなカゴに、ブドウやアケビをたくさん入れて山を下りました。

 その夜の事です。
 山の方から、
 ドシン! ドシン!
と、不気味や地響きが隼助の家に近づいて来ました。
 そして地響きが隼助の家の前で止まると、
 ドンドンドン! ドンドンドン!
と、家の戸が叩かれて、雷の様な大声が叫びました。
「隼助! わしのぞうりを返せ! わしのぞうりを返せ!」
 隼助は、ブルブルと震えながら答えました。
「何の事だ。おら、人のぞうりなぞ盗らねえぞ」
「うそをつくな! おらの干しておいたぞうりの片方を、山から持って行ったでねえか。返せ!」
 雷の様な大声はそう言うと再び家の戸を叩きますが、家の中には入ってこようとはしません。
 大声に山から持って行ったと言われて、隼助は山で拾った大きなカゴを思い出しました。
「ぞうりは知らねえが、山で拾った物なら家の裏に干してある。欲しければ、とっとと持って行け」
「家の裏? ・・・ああ、ここにあったか」
 雷の様な大声はそう言うと、地響きを立てながら山へと帰って行きました。

 翌朝、隼助が家の外に出て見ると、大きな足跡が山まで続いていました。
 その大きな足跡は、昨日山で拾った大きなカゴと同じくらいの大きさです。
「この大きな足跡は、山姥(やまんば)に違いねえ!
 するとあの大きなカゴは、山姥のぞうりだったのか
 ・・・それにしてもあの山姥、どうして家の中に入ってこなかったのだろう? 」

 隼助が山姥に襲われなかったのは、山姥が隼助の家に伝わる名刀を恐れて、家に入る事が出来なかったからと言われています。

おしまい

前のページへ戻る

     7月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
マッターホルン北壁登頂の日
きょうの誕生花
蒲(がま)
きょうの誕生日・出来事
1964年 近藤真彦(俳優)
恋の誕生日占い
瞳がキラキラと美しい、元気で明るい女の子
なぞなぞ小学校
右に行けば行くほど、高くなる物は?
あこがれの職業紹介
建築模型製作者
恋の魔法とおまじない 201
恋のチャンスが高まる日
  7月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
びょうぶのトラ
きょうの世界昔話
世界一気前のいい男
きょうの日本民話
良寛
きょうのイソップ童話
お百姓と木
きょうの江戸小話
かみなりぎらい
きょうの百物語
山姥と名刀
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識