福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > 海坊主

9月11日の百物語

海ぼうず

海坊主

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
船の折り紙ふね   ヨットの折り紙よっと

 むかしむかし、荷物船で賑わう港が、夏だというのに今にも雪が降り出しそうな肌寒い天気になりました。
 船頭たちが、空を見上げて言いました。
「どうしたわけだ? 夏だというのに、寒うてかなわん」
「おかしな日よりじゃ。こんな日は、船を出さん方がええな」
「ああ、何が起こるか、わからんからな」
 すると、それを聞いていた一人の気の強い船頭が、他の船頭たちを鼻で笑って言いました。
「なさけない。一日休めば、それだけ駄賃が減るではないか。たとえ幽霊船や海坊主が出て来よっても、とっつかまえてやるわい」
 そして他の船頭たちが止めるのも聞かずに、一人で荷物船をあやつって港を出て行きました。

 気の強い船頭が、沖へ出てしばらくすると、
「お〜い、お〜い」
と、誰かが、呼ぶ声が聞こえてきました。
「はて? こんな海のなかで、何じゃろ?」
 船頭は、ろを休めて辺りを見渡しましたが、何も見えません。
「ふん、空耳か」
 船頭は、またろをこぎ始めました。

 それからもこんな呼び声が何度か続きましたが、船頭が気に止めずに船を進めていると、今度はすぐ後ろからはっきりした声で聞こえたのです。
「お〜い、お〜い」
 船頭が思わず振り返って見ると、生白い物が大きくなったり小さくなったりしながら、船の後ろに取り付いていました。
「海坊主だ!」
 船頭はひしゃくを手にすると、船に取り付いている海坊主を殴りつけました。
「こうしてくれるわ! こうしてくれるわ!」
 すると海坊主は、海の中へ沈んでしまいました。
「ふん。大した事はない」
 船頭がそう思った時、今度は二人の海坊主が海から顔を出して、また船の後ろに取り付いたのです。
 船頭が再び海坊主をひしゃくで殴りつけると、海に沈んだ海坊主は四人になって現れました。
「なっ、何て奴らだ!」
 船頭が殴れば殴るほど、海坊主は二倍に増えていきます。
 そして八人にまで増えた海坊主は船の周りに取り付くと、薄気味悪い笑い声を出しながら船をゆさぶり始めました。
「こりゃ、どうもならん」
 船頭はひしゃくを投げ捨てると、力任せに船をこぎ出しました。
 ところが海坊主たちが船をゆさぶり続けるので、船はなかなか前へ進みません。
 さすがにこれには気の強い船長も、肝をつぶして叫びました。
「たっ、助けてくれ〜!」
 すると叫び声にびっくりしたのか、海坊主が次々と海に沈んでいきました。
「・・・助かったのか?」
 船頭がほっと息をついて辺りを見渡すと、海がザワザワと騒ぎ始め、さっき投げ捨てたひしゃくと同じひしゃくを持った海坊主が何十人も海から顔を出して、ザブンザブンとひしゃくで船の中に水をくみ入れ始めたのです。
「何をするか!」
 船頭は必死にくみ入れられた水をかき出しますが、間に合いません。
 海坊主たちは薄気味悪い笑い声を出しながら、
「はよう、沈んでしまえ。はよう、沈んでしまえ」
と、ひしゃくで水を入れ続けます。
「やめてくれえ〜。助けてくれえ〜」
 船頭が泣き叫びますが海坊主は水を入れ続け、ついに船は沈んでしまいました。
 そして海へ投げ出された船頭は死に物狂いで泳ぎ始めましたが、海坊主に足をつかまれて、そのまま暗い海の底へと引きずり込まれてしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
公衆電話の日
きょうの誕生花
木槿(むくげ)
きょうの誕生日・出来事
1947年 泉ピン子(女優)
恋の誕生日占い
笑顔が素敵で、とても優しく素直な女の子
なぞなぞ小学校
口の中に木が生えるとどうなる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
競馬調教師・厩務員
恋の魔法とおまじない 255
クラスのまとまり度アップ
  9月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
白米城
きょうの世界昔話
利口なシカのカンチール
きょうの日本民話
クジラとモグラ
きょうのイソップ童話
ダチョウ
きょうの江戸小話
神田川の大水
きょうの百物語
海坊主
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識