福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > 目玉だらけ

9月19日の百物語

目玉だらけ

目玉だらけ
東京都の民話東京都情報

 むかしむかし、江戸のある町に、多吉(たきち)と言う名の若いたたみ職人がいました。
 多吉は大変な働き者で、朝早くから夜遅くまで、たたみ職人の親方のところで一所懸命に働きました。

 ある日の事、多吉は親方のところでお酒をふるまわれて、ほろ酔い気分で長屋(ながや→今で言う、アパート)へと帰って行きました。
♪春じゃ、春
♪月もおぼろの
♪なんとやら
 多吉が機嫌良く歌を歌いながら町はずれの橋にやって来ると、橋のたもとのやなぎの木の下に、子どもを抱いた女の人がじっと川を見つめて立っていました。
(おおっ、こいつはいい女じゃ。
 しかしこんな時間に、こんな所で何をしているんだ?
 ・・・おい、まさか、身投げをしようというんではあるまいな)
 すると多吉に気づいた女の人が、多吉に声をかけてきました。
「あの、すみません。
 ちょっと、お手を貸していただけませんか?
 子どものたびが脱げそうなので、なおしていただきたいのです」
 女の人は顔も美しければ声も美しく、多吉は思わず顔を赤くして言いました。
「それぐらい、おやすいご用です。ほほう、可愛いお子さんだ」
 子どもの顔はお酒を飲んだ様にまっ赤で、目が細くつり上がって、みけんに三本の縦じわがあります。
 正直に言うと、可愛いどころか醜い子どもですが、多吉はおせじを言って子どものたびをなおそうとしました。
「どれ坊や、じっとしていなよ」
 多吉が子どもの着物のすそをまくりあげると、なんと子どもの足は毛むくじゃらで、毛の中にカエルのタマゴみたいな小さな目玉が、うじゃうじゃとあったのです。
 そしてその目玉が、いっせいに多吉の事をにらみました。
「うぎゃー! でたぁー!」
 びっくりした多吉は、わき目もふらずに逃げ出しました。
 橋を渡って団子屋のかどを曲がり、地蔵さんの前を走り抜けてお寺の前まで来ると、ちょうど知り合いの和尚(おしょう)さんが立っていました。
 多吉は和尚さんに、さっきの出来事を話しました。
「和尚さん、実は今、あそこの橋のたもとのやなぎの木の下で、目玉ばかりの化け物に出会ったのです」
 多吉の話しを聞いた和尚さんは、カラカラと笑いながら、
「それは、大変じゃったな。して、その化け物は、こんな化け物ではなかったですかな?」
と、いきなり、衣のすそをまくりあげました。
 見ると和尚さんの毛むくじゃらの足とお尻は、小さな目玉でいっぱいでした。
 その小さな目玉たちが、多吉の顔を見てニヤリと笑いました。
「うーん!」
 多吉はうなり声をあげると、そのまま後ろに引っくり返って気絶してしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     9月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
苗字の日
きょうの誕生花
釣舟草(つりふねそう)
きょうの誕生日・出来事
1989年 IMALU (タレント)
恋の誕生日占い
責任感の強い優等生で、金銭感覚に優れています
なぞなぞ小学校
田んぼが多い県は? (都道府県なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
放送作家
恋の魔法とおまじない 263
朝寝坊をしないおまじない
  9月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
仏さまに失礼
きょうの世界昔話
欲張り旦那と、とんち男
きょうの日本民話
昼ご飯のただ食い
きょうのイソップ童話
ランプ
きょうの江戸小話
ウマのクソが三つ
きょうの百物語
目玉だらけ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識