福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 9月の世界昔話 >欲張りだんなと、とんち男 中国の昔話

9月19日の世界の昔話

よくばりだんなと、とんち男

欲張り(よくばり)だんなと、とんち男
中国の昔話中国の情報

 むかしむかし、ある村に、欲張りで意地の悪いお金持ちのだんながいました。
 村人たちは時々、このだんなからお金をかりる事があります。
 ところがだんなは貸したお金に高い利子(りし)をつけて、返してもらう時には貸したお金の何倍もとるのです。
 それで村人たちは、みんなこのだんなをうらんでいました。

 さてこの村に、『とんち男』とよばれる、かしこいお百姓さんがいました。
 このとんち男も、だんなに借りたお金がなかなか返せなくて困っていました。
「どうしよう。今日はお金を返す日だが、返すお金なんてないし。・・・よし、ここは得意のとんちで」
 とんち男は作戦を考えると、急いで肉と魚と野菜を買ってきて、なべでぐつぐつと煮ておきました。
 やがてだんながお金を取りにやってきたので、とんち男はだんなを家に入れました。
「さあ、どうぞこちらへ」
 そしてとんち男は、おかみさんに言いました。
「早く、肉と魚を野菜を買っておいで。だんなさんに、なべをごちそうするんだから」
 それを聞いて、だんなはにっこりです。
 やがておかみさんは、肉と魚と野菜を買ってきました。
 そして台所へ行ったかと思うと、すぐに、
「はい、おまちどおさま」
と、ぐつぐつ煮えたなべを持ってきたのです。
「もう出来たのか!? なんて早いんだ。いったいどうやって、なべを煮たんだね?」
 だんながびっくりして聞くと、とんち男は、わざとひそひそ声で言いました。
「だんなだから教えますが、実はこれは魔法のなべなんです。材料を放り込めば、たちどころに煮えてしまうのです」
「ほう、そいつは便利ななべだな。どうだい、そいつをわしにくれないか?」
 だんながそう言うと、とんち男はわざと困った顔をして言いました。
「これはわたしの家に伝わる家宝でして、いくらだんなでも」
「では、なべをくれれば、貸した金は返さなくてもいい。どうだ?」
「いや、その、それは・・・」
「じゃ、金を全部返せ! 今すぐ返せ!」
「・・・うーん、仕方ありません。魔法のなべは、だんなにゆずりましょう。だけどこの魔法のなべは『どんな事があっても、決して家から持ち出すな』と、言い伝えられています。それでもいいですか?」
「ああ、いいとも、かまわん」
 なべを受け取っただんなは、大喜びで家に帰って行きました。
「えっへへ。うまくいったぞ」

 さて、家へ帰っただんなは、さっそくお客を呼ぶことにしました。
「へえ、あの欲張りがごちそうするとは、おかしな事があるもんだ」
 みんなは首をひねりながら、ぞろぞろやってきました。
 お客がそろったところで、だんなが得意そうに言いました。
「今日は、わしの家に代々伝わる世にも珍しい魔法のなべで、おいしいごちそうを作ってさしあげよう」
 だんなはなべの中に、肉と魚と野菜を投げ込みました。
「こうやって放り込みさえすれば、火にかけなくてもたちどころにおいしく煮えるのじゃ。さあ、遠慮せずに、じゃんじゃん食べてくだされ」
「そいつはすごい」
「はやく煮えないかな・・・」
「・・・・・・」
「・・・」
 みんなはなべを取り囲んで、じっと待っていますが、いつまで待ってもなべは煮えてきません。
「・・・あれ? おかしいぞ?」
 だんながあせっているのを見て、お客たちは大笑いです。
「あははははっ、とんだ魔法のなべだ」
 すっかり恥をかいただんなは、かんかんに怒りました。
「あいつめ! 今から行って、ひどい目にあわせてやる!」
 顔をまっ赤にしながらやってくるだんなの姿を見て、とんち男はおかみさんに何か耳うちをしました。
 それから急いで塩の入った袋を持つと、ヤギを一頭つれて家の後ろにかくれました。
 そこへだんなが、飛び込んできました。
「あれ、まあ、だんなさん。そんなに赤い顔をして、どうしました?」
「どうしたもへちまもあるもんか! お前の亭主はどこだ!」
「はい、ちょっと都まで、塩を買いに」
「都までだと! 都は、ここから何万里もあるんだぞ、このうそつきめ!」
「あら、本当ですよ。ものすごく足の早い『万里(ばんり)ヤギ』に乗って行ったので、あと一時間もすればもどるでしょう。でもお急ぎなら、もっと早く帰るように言いましょうか?」
「そうしろ!」
 おかみさんは台の上に三本のせんこうを立てて、てきとうにおまじないの言葉をブツブツとなえはじめました。
 それを聞いたとんち男は急いで表に回ると、汗をふくまねをしながら部屋に入ってきました。
「おい、おい、何の用だい? こんなに急がせて。ああ、くたびれた」
 だんなは、ヤギに乗ったとんち男を見てびっくり。
(こいつ、本当に都から帰ってきたのか?)
 だんなが不思議そうに見ていると、とんち男が言いました。
「おや、これはだんなさん。
 ああ、そうそう、あのなべはいかがでしたか?
 家から持ち出してしまったので、魔法の力が消えないかと心配していたのですが」
「いや、その。・・・それより、それが足の早いという万里ヤギか?」
「ええ、そうですとも。ほら、これがさっき都まで行って買ってきた塩ですよ」
 とんち男はなべのすみをまぜて、わざと黒っぽくした塩を見せました。
「なるほど、このあたりの塩とは違うな。こりゃ、たしかに都の塩だ」
 だんなは、万里ヤギがほしくなりました。
「わしもそいつに乗って、都へ行ってみたいものだ。ぜひ、ヤギをゆずってくれ。金貨十枚でどうじゃ?」
「はい、それはいいですが。
 でも、だんなさん。
 こいつはわがままなヤギでして、きれいに体をふいてやったあと、ていねいにおいのりをして『乗ってもよろしい』と、ヤギがうなずかないかぎり走りませんよ」
「よい、よい。ほら、金貨十枚だ。ヤギはもらっていくぞ」
 家に帰っただんなは、さっそくヤギの体をきれいにふいてやり、おいのりをはじめました。
「さあ、早くうなずけ! 『乗ってもよろしい』と、早くうなづけ!」
 だんなが何度おいのりしても、ヤギは知らん顔です。
「ええーい。もう、がまんならん!」
 だんなはヤギに、飛び乗りました。
 するとヤギはだんなを振り落として、どこかへ逃げてしまいました。
「あいたたた! むむっ、あやつめ、また、だましおったな。もうかんべんならん!」
 だんなは力持ちの召使い三人をよんで、命令しました。
「あの大うそつきめをしばりあげて、川へ放り込んでしまえ!」
 さっそくとんち男は召使いたちにつかまって、なわでグルグル巻きにしばられると川へかつがれていきました。
 その途中で、とんち男は三人に頼みました。
「おい、頼むから、山にはすてないでくれよ。トラに食われるのは、いやだからな。すてるなら、川にしてくれ」
「そうかそうか。それならお前がいやがっている、山へすててやろう」
 三人は、とんち男を山にすてました。
 しばらくすると、腰のまがった年寄りのヒツジ飼いが通りかかりました。
「おや? そんなかっこうして、どうしたね?」
「ああ、こうやってグルグル巻きにして、腰の曲がったのを治しいるのさ。じいさんも、やってみるかい?」
「はいはい、それで腰が治るのなら」
 ヒツジ飼いはとんち男のなわをはずしてやると、今度は自分がグルグル巻きになりました。
「じゃあ、ごゆっくり」
 とんち男はヒツジを連れて、だんなの家へ行きました。
 だんなは、とんち男を見てびっくり。
「あれっ? お前は、川で死んだはず?」
「はい。ですが『まだ死ぬのは早い』って、じごくのえんまさまが帰してくれたんですよ。おまけに、おみやげのヒツジをこんなにたくさん。それに今度来るときは、もっとすごい宝物をくれるそうです。だんなさん、お願いですから、また川へ投げ込んでくださいよ」
 それを聞いただんなは、自分もやってみたくなりました。
「よし、わしもえんまさまのところへ行って、何かもらってこよう」
 だんなはさっそく川へ行くと、ザブーンと飛び込みました。
 欲張りだんなはそれっきり、帰ってはきませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     9月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
苗字の日
きょうの誕生花
釣舟草(つりふねそう)
きょうの誕生日・出来事
1989年 IMALU (タレント)
恋の誕生日占い
責任感の強い優等生で、金銭感覚に優れています
なぞなぞ小学校
田んぼが多い県は? (都道府県なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
放送作家
恋の魔法とおまじない 263
朝寝坊をしないおまじない
  9月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
仏さまに失礼
きょうの世界昔話
欲張り旦那と、とんち男
きょうの日本民話
昼ご飯のただ食い
きょうのイソップ童話
ランプ
きょうの江戸小話
ウマのクソが三つ
きょうの百物語
目玉だらけ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識