福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > ガンの悲しみ

9月24日の百物語

ガンの悲しみ

ガンの悲しみ
愛知県の民話愛知県情報

 むかしむかし、ある村に、久兵衛(きゅうべえ)というお金持ちのお百姓(ひゃくしょう)がいました。
 久兵衛は弓で矢を射るのが大好きで、蔵(くら)の中に弓矢の練習用の的(まと)を作ると、暇(ひま)さえあれば矢を射て楽しんでいました。

 ある日の事、久兵衛が蔵の中で矢を射ていると、家の者が急用だと言って久兵衛を呼びました。
 久兵衛が弓を置いたまま蔵を出ていくと、そこに家でやとっている平吉(へいきち)という若者がやって来て、弓を目にすると主人の久兵衛を真似て弓に矢をつがえました。
 そして弦(げん)を力一杯引き絞ると、わらの的めがけて矢を放ちました。
 ところが矢は外れて、蔵の窓から外へ飛んで行ってしまったのです。
「しまった! 誰かに当たったら大変だ!」
 平吉はすぐに外へ出ると、矢を探しに行きました。
 すると矢は窓の向こうにある田んぼのあぜ道まで飛んでいて、一羽のガンに当たっていたのです。
「こいつは、大変な獲物(えもの)だ」
 平吉は大喜びでガンを家に持ち帰ると、主人の久兵衛に弓を使った事を謝り、自分が射止めた獲物のガンを差し出しました。
 久兵衛は平吉のイタズラを許すと、ガンを料理させて、みんなでガン鍋に舌つづみをうったのでした。

 その次の日、平吉がガンを射た田んぼのあぜ道へ行くと、一羽のメスのガンが悲しい声で鳴いていました。
 そしてその夜、平吉の夢の中にあのメスのガンが現れて、涙を流しながらこう言ったのです。
「死んでしまったものは、仕方ありません。あなたをうらむ気持ちはありませんが、どうか殺された夫を供養(くよう)してください」
 そして同じ夢が何日も続くので、平吉は主人の久兵衛に病気だと言って勤めをやめると、その日のうちに頭をそってお坊さんになり、浜辺の近くに小さな家で射殺したガンの霊を供養(くよう)しながらお坊さんの修行を始めました。

 そしてそれから、二十三年後。
 平吉は村の人たちに、こう言いました。
「若い頃に射殺したガンの供養が、ようやく終わりました。これでもう、思い残す事はありません。わたしは間もなく、この世を去ります」
 そして平吉は、間もなくこの世を去りました。
 平吉がこの世を去った日は、ガンを射殺した日から、ちょうど二十三年目だったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月24日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
清掃の日
きょうの誕生花
萩(はぎ)
きょうの誕生日・出来事
1970年 一青 妙 (女優)
恋の誕生日占い
空想好きな夢見る女の子
なぞなぞ小学校
両耳をふさいだ方が、よく聞こえる物は?
あこがれの職業紹介
校正者
恋の魔法とおまじない 268
夢を叶えるおまじない
  9月24日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
土仏観音(どぶつかんのん)
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 犬皮のチョッキ
きょうの日本民話
川棚川(かわたながわ)のカッパ
きょうのイソップ童話
2羽のオンドリとワシ
きょうの江戸小話
おけちみゃくのしるし
きょうの百物語
ガンの悲しみ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識