福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > 消えたおばば

9月26日の百物語

おばばが消えた

消えたおばば
滋賀県の民話滋賀県情報

 むかしむかし、琵琶湖(びわこ)のほとりの家に、もう七十歳をこえているのに、病気一つした事のない元気なおばあさんがいました。
 ある寒い日の夕方、いろりの前に座っていたそのおばあさんが、何の前触れもなくコロリと死んでしまったのです。
「ついさっきまで、元気にしゃべっていたのに」
 家の人たちは驚きながらも、とにかくお葬式(そうしき)の準備を始めました。
 そしてお葬式の準備がひと段落ついた時、奥の部屋に安置(あんち)してある棺(ひつぎ)がメリメリと音をたてて畳(たたみ)の上に転がりました。
 そして死んだはずのおばあさんが白い衣のまま立ち上がると、辺りをにらみまわしたのです。
「ばっ、ば、ば、ば・・・」
 家の人たちは、言葉にならない声をあげて驚きました。
 その中に、お坊さんになっていた息子がいて、その息子がすぐに大きな声でお経を唱えはじめると、おばあさんはバタンと棺の中へ倒れて、また動かなくなりました。

 次の日の夕方、お葬式の一行がおばあさんの棺をかついでお寺に向かうと、雲一つない空だったのに急に大雨が降り出して、雷までとどろきはじめました。
 お寺まではもうすぐだったので、お葬式の一行はそのまま進んでいきました。
 すると雨がピタリとやみ、棺が急に軽くなったのです。
「なんだなんだ? 棺が軽くなったぞ。おい、ちょっとのぞいてみよう」
 一行が足を止めて棺の中を見てみると中は空っぽで、おばあさんが消えていました。
「これは、どういう事だ? もしかして、途中で落としたのか?」
 葬式の一行は来た道を戻っておばあさんの遺体を探しましたが、いくら探しても見つかりません。
 その時、棺をかついでいた一人が言いました。
「そう言えば雨がやむ前、空から黒い雲が降りて来て、稲光がはげしく走っただろう。その時に、棺が急に軽くなったぞ」
 すると、棺をかついでいた別の人も言いました。
「ああ、確かにあの時だ。あの黒い雲が、おばばを連れて行ったんだ」

 それからも家の人たちはおばあさんを探し続けましたが、ついに見つからなかったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
台風襲来の特異日
きょうの誕生花
菊芋(きくいも)
きょうの誕生日・出来事
1957年 天童よしみ(歌手)
恋の誕生日占い
礼儀正しくまじめな性格で、先生に信頼されています
なぞなぞ小学校
食べれば食べるほど大きくなり、水を飲むと死んでしまうのは?
あこがれの職業紹介
翻訳家
恋の魔法とおまじない 270
おしゃべりを封印
  9月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
山鳥の恩返し
きょうの世界昔話
罪ほろぼしをした男
きょうの日本民話
一休さんの、サルの恩返し
きょうのイソップ童話
ヘラクレスとアテネ
きょうの江戸小話
無筆の願い書
きょうの百物語
消えたおばば
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識