福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 9月の江戸小話 > 無筆の願い書

9月26日の小話

無筆のねがい書

無筆の願い書

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかしむかし、十日村(とおかむら)というところで、ひどい飢饉(ききん→農作物が不作で、食べ物に困ること)が三年も続きました。
 困り果てた百姓たちは、集まって相談を始めます。
「こりゃあ、代官(だいかん→やくにん)さまに願い書を書いて、今年の年貢(ねんぐ→税金)をかんベんしてもらわないと」
「それは良い考えだが、誰が願い書を書くのだ? おらは書けねえぞ」
「おらもだ」
「おらも」
 すると一人の百姓が、みんなに言いました。
「やれやれ、なさけねえな。おれにまかせておけ」
「まかせるのはいいが、三蔵、お前も字を書けないだろう」
「大丈夫。ようは、気持ちが伝わればいいんだ」

 さて、三蔵が書いた願い書が、代官のところへ届きました。
 代官は願い書を開くと、首をかしげました。
「はて、きみょうな願い書もあるものだ」
 その願い書には、数字で、

《一二三四五 六七八九十 三》

と、書いてあります。
  代官はあれこれと考えましたが、いっこうに意味がわかりません。
 そこで願い書を書いた三蔵を呼び出して、たずねました。
「これなる願い書。そのほうが書いたものか?」
「ヘえ」
「では、そのほう、願い書を読み上げてくれ」
「かしこまりました」
 三蔵は願い書を手に取ると、大きな声で読み上げました。
「一は、一つ申し上げます。
 二は、苦々(にがにが)しく。
 三は、三年このかた。
 四は、しじょう(非常)なききんで、
 五は、五こく(ごこく→こくもつの事)も、
 六は、ろくに実らず。
 七は、質(しち)に置いても、
 八は、はじ(はち)をかくだけ。
 九は、食(く)わずに苦しむ、
 十は、十日村(とおかむら→)の難儀(なんぎ)」

※願い書の意味
【一つ申し上げます。
 苦々しい事に、三年続く飢饉で食べ物がろくにありません。
 家の品を質屋に持って行っても、大した物がないので笑われるだけです。
 食べ物がなくて苦しんでいる十日村を、助けてください。】

 それを聞いた代官は、ふんふんとうなづいて言いました。
「なるほど、願い書の意味はわかった。村が苦しいのは、わしの耳にも届いておる。出来る限り何とかすると、約束しよう。・・・だが、願い書の最後に書いてある『三』は、一体何のことだ?」
「はい、三の字は、願い人の三蔵にございます」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る

     9月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
台風襲来の特異日
きょうの誕生花
菊芋(きくいも)
きょうの誕生日・出来事
1957年 天童よしみ(歌手)
恋の誕生日占い
礼儀正しくまじめな性格で、先生に信頼されています
なぞなぞ小学校
食べれば食べるほど大きくなり、水を飲むと死んでしまうのは?
あこがれの職業紹介
翻訳家
恋の魔法とおまじない 270
おしゃべりを封印
  9月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
山鳥の恩返し
きょうの世界昔話
罪ほろぼしをした男
きょうの日本民話
一休さんの、サルの恩返し
きょうのイソップ童話
ヘラクレスとアテネ
きょうの江戸小話
無筆の願い書
きょうの百物語
消えたおばば
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識