福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 10月の百物語 >置いてけ掘り

10月10日の百物語

おいてけぼり

置いてけ掘り

♪音声配信(html5)
音声 ; スタヂオせんむ

 むかしむかし、あるところに、大きな池がありました。
 水草がしげっていて、コイやフナがたくさんいます。
 でも、どういうわけか、その池で釣りをする人は一人もいません。
 それと言うのも、ある時、ここでたくさんフナを釣った親子がいたのですが、重たいビク(→さかなを入れるカゴ)を持って帰ろうとすると、突然、池にガバガバガバと波が立って、
「置いとけえー!」
と、世にも恐ろしい声がわいて出たのです。
「置いとけえー!」
 驚いた親子は、さおもビクも放り出して逃げ帰り、長い間、寝込んでしまったのです。
 それからと言うもの、恐ろしくて誰も釣りには行かないというのです。

「ウハハハハハッ。みんな、意気地がないのう」
 うわさを聞いた、三ざえもんという人がやってきました。
「よし、わしが行って釣ってくる。いくら『置いとけえー』と言われても、きっと魚を持って帰って来るからな。みんな、見とれよ」
 三ざえもんは大いばりで池にやって来ると、釣りを始めました。
 初めのうちは、一匹も釣れませんでしたが、
♪ゴーン、ゴーン。
 夕暮れの鐘が鳴ると、とたんに釣れて、釣れて釣れて、ビクはたちまち魚でいっぱいです。
「さあて、帰るとするか。魚はみんな、持って帰るぞ」
 すると池に波が、ガバガバガバ。
「置いとけえー!」
 世にも恐ろしい声が、聞こえました。
「ふん、誰が置いていくものか」
 三ざえもんは平気な顔で言うと、肩をゆすって歩き出しました。
 ところがしばらくすると、後ろから誰かついてくるのです。
 見ると、それはきれいな女の人です。
 女の人は、三ざえもんに追いつくと言いました。
「もし、その魚、わたしに売ってくれませんか?」
「気の毒だが、これは駄目だ。持って帰る」
「そこを、何とか」
「駄目と言ったら、駄目だ!」
「どうしても?」
「ああ、どうしてもだ!」
「こうしても?」
 姉さまはかぶっていた着物を、バッと脱ぎ捨てて言いました。
「置いとけえー!」
 女の人の顔を見た三ざえもんは、ビックリです。
 何と女の人の顔は、目も鼻も口もない、のっペらぼうだったのです。
 しかし、さすがは豪傑(ごうけつ)の三ざえもんです。
「えい、のっぺらぼうが何じゃい! 魚は置いとかんぞ!」
  そう言って、しっかり魚を持って家に帰って行きました。

「ほれ、ほれ、帰ったぞ。たくさん釣ってきたぞ」
 三ざえもんは得意になって、おかみさんに言いました。
 おかみさんは、心配そうにたずねました。
「あんた、大丈夫だったかい? 怖い物には、出会わなかったかい?」
「出会った、出会った」
「どんな?」
「それはだな・・・」
 三ざえもんが答えようとすると、おかみさんは、ツルリと顔をなでて言いました。
「もしかしたら、こんな顔かい?」
 とたんに、見なれたおかみさんの顔は、目も鼻も口もない、のっペらぼうになったのです。
 そしてのっぽらぼうは、怖い声で怒鳴りました。
「置いとけえー!」
「ひゃぇぇぇー!」
 さすがの三ざえもんも、とうとう気絶(きぜつ)してしまいました。

 やがて目を覚ました三ざえもんは、キョロキョロとあたりを見回しました。
「あれ、ここはどこだ?」
 確かに家へ帰ったはずなのですが、そこはさびしい山の中で、魚もさおも全部消えていたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


    10月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
銭湯の日
きょうの誕生花
松茸(まつたけ)
きょうの誕生日・出来事
1975年 森久美子(タレント)
恋の誕生日占い
物事を合理的に考える賢い女の子
なぞなぞ小学校
山に戸がある県は?
あこがれの職業紹介
音楽エンターセラピスト
恋の魔法とおまじない 284
金運アップ
 10月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
切れない紙
きょうの世界昔話
クマとおばあさんとシャオホン
きょうの日本民話
気のいい山姥
きょうのイソップ童話
鳥刺しとヒバリ
きょうの江戸小話
酔っ払いの落とし物
きょうの百物語
置いてけ掘り
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識